« 冬至と日の出・日の入り時刻 | トップページ | 2010年全日本フィギュア選手権 女子フリーレビュー(その1) »

2010/12/26

2010年全日本フィギュア選手権女子SP

2010年全日本フィギュアスケート選手権大会、
ビッグハットでは、もうフリーが始まってる時間なので、女子ショートプログラムのレビューを簡単に述べておきます。

(SP結果詳細は「たーさんの気になるBLOG」へ)


浅田真央は昨年と一緒で出遅れたけど、なんとか全日本選手権に合わせて来ました。トリプルアクセルはアンダーローテにも見えましたが、3回転半と認められたようです。確実に世界選手権に行くために、フリーではトリプルアクセルは一回にした方が良いかと思います。


安藤美姫は、流麗で素晴らしい演技。衣装も素敵です。やはりSPでも3回転+3回転は跳ばないと割り切った方が良い演技ができますね。


村上佳菜子はダブルアクセルがシングルになるという、彼女にしては珍しいミス。本人が言っていたように、最初の二つが成功して、少し気が緩んだのかもしれません。そういう経験も糧になるでしょう。


庄司理紗はジュニアらしい伸び伸びとした演技で、3S+3Tのコンビネーションも決めて、TESでは村上佳菜子を上回る33.26点。フリーでも気負わずに、自分らしさを出して欲しいです。


村主章枝はキス&クライで、自分のスポンサー名「陽進堂~!」と叫びやがった。そんな商業的な選手見たことない。そんな彼女に引導を渡すべく、SP6位以下の選手はフリーで頑張ってもらいたい。

|

« 冬至と日の出・日の入り時刻 | トップページ | 2010年全日本フィギュア選手権 女子フリーレビュー(その1) »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/50405409

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年全日本フィギュア選手権女子SP:

« 冬至と日の出・日の入り時刻 | トップページ | 2010年全日本フィギュア選手権 女子フリーレビュー(その1) »