« 太田由希奈ではなく浅田舞 | トップページ | 2011年2月21日20時のアメダスが..... »

2011/02/21

2011年四大陸選手権女子フリーレビュー

四大陸はあまり興味ないのだけれど、今年の四大陸はなかなか良かったです。

(結果詳細については「たーさんの気になるBLOG」を参照のこと)

安藤美姫の演技はとても素敵でした。
ときには華麗に、ときには力強く。
個々の技の精度や質も高い。

彼女にとってノーミスで滑ることはもはや当たり前のレベルみたい。後半バテてしまった悔しさから、演技後に舌をちょっと出していました。

現時点では世界選手権優勝最有力候補。
死角があるとすれば、それは過剰な欲かな。
グリードにヤミーにされないように気をつけてネ!

3回転+3回転に挑むのは来シーズンでいいと思います。


浅田真央のトリプルアクセルは完璧!
お手本のような素晴らしいジャンプ。

全日本では「なんとか間に合った」というレベルでしたが、魅せる余裕が出てきたように思えます。演技終了後の表情がすごくいい顔で、単に「ノーミスで嬉しい!」というよりも、達成感というかやり遂げた感が溢れていた気がします。

とは言うものの、安藤美姫を抜くのは容易じゃないですね。3Aを二回跳ぶか、3回転+3回転を入れるかしないと難しそうです。


SPで「ミライを世界選手権に行かせれば良かったと思わせたい」と語っていたミライ・ナガス。彼女は非常に負けん気の強いコですね。フリーでは見事にノーミスの演技でアメリカ勢TOP、3位表彰台をGETしました。

世界選手権の枠が二つしかないのが悔やまれます。ただ元をただせば、彼女自身が昨年の世界選手権でふがいない結果に終わったのが原因ですが。

それにしてもミライはとてもおもしろい。表情とか話す内容とかがユニーク。ああいうキャラも結構好きです。


いよいよ一ヵ月後に迫った東京開催の世界選手権。
日本勢三名の活躍は間違いないところですが、表彰台を独占するのか否か?キムヨナの演技構成と仕上がり具合も非常に気になります。

|

« 太田由希奈ではなく浅田舞 | トップページ | 2011年2月21日20時のアメダスが..... »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/50928772

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年四大陸選手権女子フリーレビュー:

« 太田由希奈ではなく浅田舞 | トップページ | 2011年2月21日20時のアメダスが..... »