« 2011年台風12号の進路に注意! | トップページ | mixi重要なお知らせテスト(2011年8月31日) »

2011/08/31

注意報無視の事故は救助費用を請求すべき

2011年8月30日ニュース記事より

[注意報出ていたのに.....また下田で4人流される]
「30日午前11時10分頃、静岡県下田市白浜の白浜大浜海水浴場で、遊泳中の20歳代の男性4人が高波にさらわれ、沖に流された。
下田署によると、全員がライフセーバーに救助され、うち東京都内の大学4年生の男性が体調不良で病院に搬送されたが、4人とも命に別条はないという。

同海水浴場では29日にも、海水浴客十数人が沖に流され、2人が死傷したばかり。台風12号の影響で下田市沖には30日午前、波浪注意報が発令されていたが、同海水浴場には約300人がいた。
下田市は同報無線で注意を呼びかけたり、28日で監視業務を終えたライフセーバー5人を再び常駐させたりするなどの対応をとっていた。」


この大学生たち、波浪注意報発令中の海で泳ぐってことは自殺したかったんじゃないの!?


ライフセーバーが無事でなによりです。


海上保安庁のHPでは、
「海上保安庁や各都道府県水難救済会が行う救助活動や捜索活動にかかる経費については、遭難者などに請求することはありません。 」
と書かれています。


波浪注意報・警報発令中の海の事故は、救助費用全額を請求すべきだ。法律で罰則・罰金規定を設けてもいいくらい。注意を喚起するだけでは事故は減りません。

|

« 2011年台風12号の進路に注意! | トップページ | mixi重要なお知らせテスト(2011年8月31日) »

天気・気象・天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/52607213

この記事へのトラックバック一覧です: 注意報無視の事故は救助費用を請求すべき:

« 2011年台風12号の進路に注意! | トップページ | mixi重要なお知らせテスト(2011年8月31日) »