« 「世界の恐怖映像2011 超コワい絶叫動画40連発」 | トップページ | POCARISET »

2011/08/08

時が経つのは速い(「早い」と「速い」の使い分け)

「時が経つのははやい」と書こうとしたのだけれど、「早い」か「速い」か判らなくなった。


Googleで「時が経つ 早い 速い」で検索したところ.....


Yahoo!知恵袋では、ほとんどの回答が「早い」でした。
理由は、時刻・時期がはやい(前である)場合は「早い」を用い、速度がはやい(大きい)場合は「速い」とのこと。


うーん(-ω-`;。)


「時が経つ」は時間に関する表現だけど、時刻・時期がはやい(前である)訳ではないよなぁ。でも速度は「距離÷時間」だから、速度がはやい訳でもない。


他の検索結果を見たところ、
国語辞書『大辞林』には次のように載っていました。


はやい 【早い/速い】

(形)[文]ク はや・し

(1)(「疾い」「捷い」とも書く)
 動作・作用の進行にかかる時間が短い。
 進む程度が大きい。すみやかだ。【速】
 ⇔遅い

 「彼は仕事が―・い」「この川は流れが―・い」
 「頭の回転が―・い」「時の経つのが―・い

(2)
 (ア)時間的に前である。【早】
 ⇔遅い

 「予定より―・く帰国する」
 「どうせ申し込むなら―・いほうがいい」
 「朝は―・く起きる」

 (イ)まだその時期でない。【早】
 ⇔遅い

 「あきらめるのは―・い」「話すのはまだ―・い」


大辞林には、「速い」の用例に「時の経つのが速い」と書かれています。

なるほど、時系列でA点とB点を比較して時期・時刻が前である場合には「早い」、A点とB点との間が短い(時間が短い)場合には「速い」を用いるのか。距離は関係ないんだね。

単に"時刻"か"時間"かの問題か。よく解りました。

☆時刻が前である場合は「早い」

☆時間が短い・短く感じる場合は「速い」


時刻と時間の違いを常日頃から意識していない人には判りにくいかもしれません。


大多数の人が確信的に勘違いしていることには驚きましたが、漢字の使い方はそれだけ難しいということか。



<追伸>
以前も書きましたが、Yahoo!知恵袋の回答って信頼性が低いので、参考程度に見るようにした方がいいです。ベストアンサーは、あくまでもベストであって正解とは限りません。

『「早い」と「速い」はどう違うのでしょうか?
時間が経つのが「はやい」と表す場合にはどちらを使ったらいいのでしょうか? 』

この質問のベストアンサーがこれ。
Hayai_a05

こんないい加減な答えもありました( ´_ゝ`)
Hayai_a04

|

« 「世界の恐怖映像2011 超コワい絶叫動画40連発」 | トップページ | POCARISET »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました。私も「時が経つのが速い」だと思っていたのですが文書作成で迷い、ネットで調べました。「速い」を使いますね。

投稿: ねこちゃん | 2013/12/12 10:04

>ねこちゃんさん、どういたしまして。


この「速い」か「早い」かの検索で訪れる方はダントツに多いです。


漢字を覚えなくても、機械が表示してくれる時代になりましたが、同じ音の場合、どれを使うか迷いますよね。

投稿: たーさん | 2013/12/13 00:28

今さっきヤフー知恵袋を見て納得行かなくて、更に調べていたらこちらにたどり着きました!分かりやすかったし納得(*^◯^*)ありがとうございました!

投稿: はるか | 2015/03/08 00:28

>はるかさん
どういたしまして(´▽`*)


わかりやすいと言って戴けて嬉しく思います。


ヤフー知恵袋って本当にいい加減な回答が多いですよね。

投稿: たーさん | 2015/03/10 22:18

http://kanjibunka.com/kanji-faq/old-faq/q0455/
こちらの方が納得できるような気がするのですが。

投稿: | 2016/08/27 10:56

名無しさん、
該当のページを拝見致しました。


誤解されているかもしれませんが、私が勝手に「時が経つのは速い」と決めつけている訳ではありません。大辞林の記述に基づいて、私なりの解釈を加えて書いた記事です。


なので、仮に大辞林が間違っているとしたら、それまでの話です。


掲載URLのコラムですが、いくつかの間違い、見当違い、詭弁が見受けられます。


質問は「早い」と「速い」という二つの形容詞の問題であるのに、「早がわり」「手っ取り早い」「早くも」など別の語句を用いて説明しています。


『「早」は時間的な観点から、「速」はスピードの観点から、それぞれ「はやい」ことを表す』
と書かれていますが、これは間違いです。
「早い」は時刻の観点から、「速い」は時間の観点から「はやい」ことを表しています。スピードは関係ありません。


『「月日が経つのが"速"い」と自信を持って書けるのは、玉手箱を開けた瞬間の浦島さんぐらいのものでしょうか。』
とありますが、全くの見当違いです。
浦島太郎が竜宮で過ごしたのは数日だったが、地上に戻ると数十年(数百年)経過していた。玉手箱を開けると、浦島太郎は一瞬にして老化した。という話です。一瞬にして何百年かが過ぎ去ってしまった訳ではありません。

投稿: たーさん | 2016/08/29 22:27

ヤフー知恵袋でのベストアンサーに納得がいかず、ここにたどり着きました。
英語ではtime is going fast なのに時間がたつのは「早い」というのもどうなのかなというのもあったし。


時間が前か短いかの違いというのは、分かりやすいし、納得できます。何より感覚的にとてもしっくりきます。
ありがとうございます。

投稿: K | 2016/12/02 22:45

>Kさん、どういたしまして!(´ω`)


英語では、fast/earlyの区別が明確ですが、日本語は難しいですよね。


慣用句では時間が短い場合でも「早」を使うことがありますが、一般的な形容詞の「はやい」はこの理解で良いと思います。

投稿: たーさん | 2016/12/03 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/52418474

この記事へのトラックバック一覧です: 時が経つのは速い(「早い」と「速い」の使い分け):

« 「世界の恐怖映像2011 超コワい絶叫動画40連発」 | トップページ | POCARISET »