« 2011年台風15号上陸の見込み | トップページ | 人工衛星「UARS」の落下について心配するのは杞憂か »

2011/09/21

2011年台風15号による風雨で福島原発大丈夫?

2011年9月20日22時現在、台風第15号 (ロウキー)は室戸岬の南約320kmにあり、25km/hで北東に進んでいます。
中心気圧は940hPa、中心付近の最大風速は50m/s。


強い勢力を保ったまま、21日15時頃にも東海地方に上陸し、関東~東北、北海道と東日本を縦断する見込み。


台風の東側では特に風雨が強いですが、福島第一原発は台風の進路の東側に位置しています。タービン建屋に溜まっている汚染水が溢れ出る恐れや、建屋そのものが損壊する恐れはないのでしょうか?

原子炉注水システムは台風が襲来しても問題なく機能しますよね?


なにか起きてから「想定外の風雨だった」などと言うのだけはやめて戴きたい。


9月20日22時現在 台風予想進路図(気象庁発表)
Typhoon1115_08


|

« 2011年台風15号上陸の見込み | トップページ | 人工衛星「UARS」の落下について心配するのは杞憂か »

天気・気象・天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/52786839

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年台風15号による風雨で福島原発大丈夫?:

« 2011年台風15号上陸の見込み | トップページ | 人工衛星「UARS」の落下について心配するのは杞憂か »