« 冬から初秋、そしてまた冬へ(寒暖の差に注意) | トップページ | うなととショック!! »

2011/11/22

飼い犬に手を噛まれる

実家の飼い犬に手を噛まれましたdog


ケージの隙間に前足(前脚?)が挟まり「キャンキャン」鳴いていたので、噛まれるのを覚悟で救出しようとしたら、見事にがっつり噛まれましたcoldsweats01


あんなに血がドクドク出たのは、はじめての経験かも。
手の平に真っ赤な血溜まりができた。
せっかくのチャンスだったのに、痛すぎて、「なんじゃこりゃ!」と言う余裕もなかった。


老犬なのが幸いして、歯が少ないので傷口は小さいですが、痛さからしてかなり深くまでいったと思います。傷を洗って消毒し、止血したら血はなんとか止まりました。夜だったので翌日病院へ行くことに。副鼻腔炎の治療でちょうど抗生剤を服用していたので、感染症を抑えてくれるかなと思ったこともあり.....。


おそらく挟まってパニくっただけで、犬の脚の方は特に痛めた様子もなく大丈夫そうでした。confident


ちゃんと予防接種を受けているので狂犬病の可能性はありません。ちなみに予防接種を受けなかった場合には20万円以下の罰金に処すると狂犬病予防法で定められています。


病院では消毒のあと、薬剤の染みたガーゼをあてて包帯で手をぐるぐる巻きにされました。「なんか大ケガみたいになっちゃいましたね」と言ったら、医者に「いやいや化膿したらなかなか治らないし大けがなんだよ」と諭されました。念のため、破傷風予防の注射も打ちました。傷口の経過を見るため、しばらくは毎日病院に通うみたいです。


20111121_injury

|

« 冬から初秋、そしてまた冬へ(寒暖の差に注意) | トップページ | うなととショック!! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/53302223

この記事へのトラックバック一覧です: 飼い犬に手を噛まれる:

« 冬から初秋、そしてまた冬へ(寒暖の差に注意) | トップページ | うなととショック!! »