« 2012年ISUフィギュアスケート・グランプリ開幕 | トップページ | 「Life is SHOW TIME」(TV ver.)歌詞 »

2012/10/20

羽生結弦のSP世界歴代最高得点は.....(2012年10月)

2012年GP第1戦スケートアメリカの男子ショートプログラムで、羽生結弦が世界歴代最高得点(95.07)を記録したとニュースで報じられています。


彼が素晴らしい演技をしたことには変わりありませんが、世界歴代最高得点には今シーズンのルール変更が少なからず影響しています。


今シーズンから、ショートプログラムでも演技後半に行なったジャンプの基礎点が1.1倍されることになりました。昨シーズンまでの計算方法で算出すると、約2点低いことになり、これは2011年の世界選手権でパトリック・チャンが記録した93.02点とほぼ同じということになります。
(ただしルール改正に合わせて、演技構成も変えているので単純比較はできませんが)


以前にキムヨナが世界歴代最高得点を記録したときにも書きましたが、ルールやレギュレーションは毎年変わっていますし、ジャッジするメンバーも大会毎に異なるので、「世界歴代最高得点」ということにはあまり意味がありません。

|

« 2012年ISUフィギュアスケート・グランプリ開幕 | トップページ | 「Life is SHOW TIME」(TV ver.)歌詞 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2012年ISUフィギュアスケート・グランプリ開幕 | トップページ | 「Life is SHOW TIME」(TV ver.)歌詞 »