« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012/11/24

浅田真央の演技が素晴らしすぎる@2012年NHK杯SP

最近の浅田真央の演技にはあまり魅力を感じなかったのだが、2012年NHK杯ショートプログラムはノーミス且つ観衆を魅了する実に素晴らしい演技。


前の記事同様、浅田真央のこの演技もアイスショーのように一つの作品として仕上がっており、楽曲の世界観を見事に表現している。


SPでトリプルアクセルを跳ばないのは戦略的に如何なものかと思っていたが、トリプルアクセルも、3回転+3回転のコンビネーションも、トリプルルッツも跳ばなくても、技術点で35点台を叩き出すとは恐れ入りました。第5戦フランス大会SPでのリプニツカヤの技術点に匹敵する点数。


余談だけれど.....
前大会でも一人いたのだが、不当に低い評価をするジャッジが一人いる。たとえば、ProgramComponentsのInterpretation(曲の解釈)は、9人のジャッジのうち8人が8点台を付けている中、このジャッジだけ7.25点。
浅田真央は曲をちゃんと解釈して表現していたと思うのだが、あの演技をどう評価したら、7.25点になるの!?

採点システムでは、最高点と最低点はカットされる仕組みなので、直接的な影響は少ないと思われるが、こういうセンスの無いジャッジはフィギュア界から抹殺してもらいたい。

以前も書いたが、ISUは各大会後にジャッジの評価に関するレビューを行って、著しく低いまたは高い点数を付けたジャッジには理由を聞いた上で、指導または処分すべき。

| | コメント (0)

2012/11/22

アシュリー・ワグナーの演技が素敵すぎる

2012年フィギュアスケートGP第5戦フランス大会のビデオ映像を見ましたが、優勝したアシュリー・ワグナーの演技が素敵すぎる。


ジャンプ、スピン、ステップなどの個々の要素が独立して存在するのではなく、全てが演技の流れの中に組み込まれていて、まるでアイスショーを観ているかのように一つの演目として仕上がっている。


実に優美で、見る者を魅了するスケーティング。
浅田真央より一つ年下とは思えない程、大人の女性の魅力を醸し出している。


トゥクタミシェワのジャンプや、リプニツカヤのスピンも素晴らしいけど、演技全体で比べるとやはりまだまだ未熟なのは否めない。


Ashleywagner_002

| | コメント (0)

2012/11/19

気象庁レーダー・ナウキャストの日本地図が黒くなった!

2012年11月19日14時05分より、気象庁HPレーダー・ナウキャストの日本地図が緑色から黒(グレー)に変更されました。


Radarnowcast_01

 ↓
 ↓
 ↓

Radarnowcast_02


これは先日お伝えしたアメダス表示色の変更と同様に、『気象庁ホームページにおける気象情報の配色に関する設定指針』に基づく表示色の変更。

  降水強度分布表示色の変更
Radarnowcast_03


地図色の変更は上記指針の次の記述によるもの。
◇背景色(陸地)
・緑色もしくは灰色の濃淡(地形等の描写)とする。
・警報・注意報及びこれに類する情報(気象警報・注意報及び噴火警報・予報を除く)は、一部の地域への情報発表においても適切に着色が確認できるよう、灰色の濃淡が望ましい。


「灰色の濃淡が望ましい」とあるが、あの地図色はなんか不気味。
どうしてもグレーを使いたいのであれば、もっと薄い色にした方がいい。また、標高による色の濃淡は不要と思われる。

| | コメント (0)

2012/11/18

Q極秘映像

今話題の『Ova_12Q』極秘映像を入手しました!


| | コメント (0)

2012/11/13

柳葉魚2012

少し前から近所のスーパーに並んでいて気になっていたあいつ。


新物の柳葉魚を昨夜買って食べました。


あぁ...やっぱりうまいなぁ。
身がふっくらで繊細な味。
柳葉魚の風味にうっとり。


季節のものを食べるっていいね。


いわゆる一般的なししゃも(キュウリウオやカラフトシシャモ)は好んで食べないけど、本物の柳葉魚は美味しいな。


いつか北海道のむかわ町(旧鵡川町)に行って、生の柳葉魚を使った鮨も食べてみたい。

| | コメント (0)

2012/11/11

村上佳菜子の3Tが無効@2012GPロシア

キーラ、優勝&ファイナル進出おめでとう!!


今シーズンは心技体揃って調子がいいみたい。


さて、村上佳菜子もフリーではなかなか良い演技を見せました。

一見すると、3F+2Aの2Aが跳べなかった以外は大きなミスがなかったように見えます。


プロトコルを見たところ.....

Kanako2012_02

9番目の要素、3T(トリプル・トウループ)が無効で点数がゼロになっていました。


「シニア・ジュニア女子の場合、フリー・スケーティングのプログラムには、7つのジャンプ要素を含まなければならず、そのうちの1つはアクセル型ジャンプでなければならない。」


村上佳菜子はアクセルジャンプを一つも跳んでいないので、最後のジャンプである3Tが無効とみなされました。

今シーズンの村上佳菜子のプログラムを考えると、後半の3F+2Aの2Aが跳べずに「3F+SEQ」となることは当然予想できる事態で、最後の3Tを2Aにするという対策を講じているべき。もし想定外の出来事だとすると、コーチ陣は相当たるんでいる。


あそこで3Tではなく、2Aを跳んでいたら、基礎点3.63(±GOE)が加点され、総合で3位になり、ファイナル進出の可能性も残ったのに.....。

| | コメント (2)

2012/11/10

中谷美紀 日本ノ宝、見ツケマシタ

BSプレミアム「中谷美紀 日本ノ宝、見ツケマシタ」
2012年11月3日(土), 10日(土) 21時~22時29分


11月3日(土)に放送された第1話「孤独と野心」を観ました。


日本美術の素晴らしさを世に訴え、寺社宝物の保護に大きく貢献したフェノロサは、後に名画と言われる作品を数多く発掘・収集。

フェノロサの友人で日本オタクのビゲローは、曾我蕭白の画に強く惹かれ多くの作品を収集。

古き良き日本を愛したフリーアは、琳派の魅力にとりつかれ世界屈指のコレクションを築く。


こうして明治期に日本の美術品が買い占められ海外へ流出した訳だが、それらは大切に守られ、結果的に作品が現世まで残ったという事実。

非常に興味深い内容で、名古屋ボストン美術館の特別展を観に行きたくなった。たぶん行く余裕がないけど...。


第2話「ピュアなハートと恋心」は今夜11月10日(土)21時より。
伊藤若冲や禅画、超絶技巧の明治の工芸品など、圧倒的に個性的なコレクションを築いた、現代の海外収集家に焦点を当てる.....とのこと。第1話の冒頭シーンに映った鉄鋼製(?)のヘビがとても気になります。

| | コメント (0)

2012/11/08

気象庁ホームページ上のアメダス表示(色)が変わった

本日2012年11月8日より、気象庁ホームページ上のアメダス表示(色)が変更になりました。


これまでは季節によって温度帯の色を変えていました。
たとえば.....

8月
Amedastemp_01

11月
Amedastemp_02

 ↓
 ↓
 ↓

新表示
Amedastemp_10


一年を通じて同じ色が使用されます。


これは、『気象庁ホームページにおける気象情報の配色に関する設定指針』に基づく変更で、
「気象情報を見た際に受ける注意・警戒レベルの印象を各種情報で可能な限り一致させるよう配色を設定し、注意・警戒をより一層喚起すること」
を意図しており、アメダス気温だけでなく、順次様々な情報に同じ色が使われることになります。


アメダスマニアとしては表示色が変わることで季節を感じたりしていたのですが、一般的には統一した方がわかり易いでしょうし、各種情報において注意・警戒レベルの色を一致させるのも良い案かと思います。


ただ、まだ慣れないせいか、温度の違いが一目で判り難いし、すごく違和感があります。

| | コメント (0)

2012/11/05

スポーツ新聞って最低だな!矢野未希子に失礼すぎる!

低俗な新聞に対して「最低」という言葉を使うのもバカバカしいが、スポーツニッポン、サンケイスポーツ、デイリースポーツ、日刊スポーツは最低だ。


昨日、モデルの矢野未希子が入籍しました。
それを報じたニュース記事がこれ。

Sportsnptfb


おめでたい結婚を報じるニュースで、「○○と破局の...」だの「○○と別れゴールイン」だの「○○の元カノ」なんて付ける必要ないだろ!!一般人のツイートか!!


こんな形ならば、むしろ報道してくれるな。


これらのニュース記事へのコメントで、「売名行為で付き合った」とか書いているアホな輩が多数いた。低俗新聞と同レベル。


矢野未希子はモデル界では既にトップクラスで、特に女優になりたいという意志もなく、いまさら売名する意味が無い。自分の無知を棚に上げて、「売名行為」などと言うのは甚だおかしい。


<追伸>
テレビ朝日も同じ穴のムジナだった。
Tvasahi_tfb
ネット生配信にて自分が稚拙で下品で頭悪いことを証明した人間が司会を務める「ロンドンハーツ」を放送している局だから、テレビ局の質も同等という訳か。

| | コメント (0)

2012/11/04

リプニツカヤのスピンがなぜレベル1と評価されたのか?@2012GP中国

ああ、リプニツカヤが.....。


浅田真央の出来がいまひとつだったので優勝できるチャンスだったのだが、まさかジャンプであんなにミスするとは。


「リプニツカヤも人の子だ」などとは言いたくない。
急に体調が悪くなったのだと思いたい。


2012年GP第3戦中国大会、ユリア・リプニツカヤ(ロシア)は浅田真央に3.84ポイント及ばず2位でした。


ジャッジの評価を分析するため、フリースケーティングのプロトコルを見ていたところ、あることに気付きました。

Lipnitskaia_03

リプニツカヤの11番目のエレメント、CCoSp(足換えのコンビネーションスピン)のレベルが「1」という評価になっています。

レベルは、1~4の4段階で、1が最低。
(厳密に言うと最低は0だが実質0は無い)

レベルの基準は素人には判り難いので、普通に演技を見ているだけではわからないのですが、当然レベル4だろうと思っていたところ、レベル1って!


スピンのレベルを決めるためのレベルフィーチャー(特徴)は12個あり、1つ達成すればレベル1、2つでレベル2、3つでレベル3、4以上ならレベル4。

一つのフィーチャーしか達成できていない.....というのは考え難い。

おそらく以下のどちらかの規定に抵触したのだと思われる。


足換えを伴うスピン・コンビネーションでは、ショート・プログラム、フリー・スケーティングとも、3 つの基本姿勢全てを含むことがレベル2 - 4 を獲得するために必須である。

足換えを伴うスピンでは、フリー・スケーティングにおいて、左右の足とも少なくとも1 つの基本姿勢を含むことがレベル2 – 4 を獲得するために必須である。ショート・プログラムにおいてこの要件が満たされない場合には、そのスピンにはレベルは無く結果として無価値となる。


「左右の足とも少なくとも1つの基本姿勢を含む」
これは間違いなく満たしているので、

「3つの基本姿勢全てを含む」
これが満たされていなかった可能性がある。


3つの基本姿勢とは以下の通り。

◇キャメル
フリー・レッグは後方に位置し、その膝がヒップより高い姿勢。
ただし、レイバック、ビールマンおよび類似のバリエーションはそれでもアップライト・スピンとみなす。

◇シット
スケーティング・レッグの大腿部が少なくとも氷面に平行

◇アップライト
キャメル姿勢を除き、スケーティング・レッグを伸ばして、あるいは少し曲げて行う全ての姿勢。


1つの姿勢と認められる必要な最少回転数は2回転。


ビデオ映像を確認したところ、シットとアップライトは間違いなく要件を満たしている。

キャメルは最初に左足で3回転しているように見える。ただ、回転中にわずかに足が下がる箇所があり、それを「フリー・レッグの膝がヒップより低い」とみなされたのかもしれない。

本当にわずかな位置なので、もしそうだとすれば、言いがかりに近い。「柔軟性を活かしたスピンが素晴らしい」という定評を敢えておとしめたいのでは.....と疑いたくなる。


仮にレベル4だったとしても浅田真央を逆転することはできなかったけれど、ジャッジには正当に評価してもらいたい。


この推測が違っているようであれば、どなたかご教授願います。

| | コメント (2)

2012/11/03

ユリア・リプニツカヤは肝が据わってるな

2012年ISUフィギュアスケートグランプリ第3戦中国大会(カップオブチャイナ)。


ユリア・リプニツカヤ(ロシア)は類い稀なる柔軟性を活かしたスピンも実に素晴らしいが、それ以上にあまりにも落ち着いていてびっくりした。
シニアの国際大会初参戦にしては緊張している感じが全くしない。準備動作があまりなく、意図も簡単にジャンプを跳んでみせる。キスアンドクライで63.06という得点を見ても、当然だみたいな雰囲気。14歳とは思えないほど肝が据わっている。


フリーでも自己ベストの123.96点近くを出してきそうだ。


3Aを跳ばない浅田真央は、SP同様ノーミスに近い演技でないと優勝するのが難しいのではないか。リプニツカヤと同じ大会になった不運を嘆くことになるかもしれない。


ところで全くのノーマークだった李子君(中国)も、シニアの国際大会初参戦にしてはなかなか良い演技をしましたね。中国選手権では二年連続で優勝している選手。バランス感覚が優れているという印象を受けました。

| | コメント (2)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »