« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/21

「東京チカラめし」元祖焼き牛丼

以前より話題になっていたので機会があれば食べてみたいと思っていた「東京チカラめし」の元祖焼き牛丼を食べました。


Yakigyudon_01


通常の牛丼のコンセプト「品質の低い(安価な)牛肉をいかに美味しく食べさせるか」となんら変わらない商品。激マズではないけど、美味しくもないです。


濃い味付けは同じですが、こちらは煮込んでいない分、肉の臭みが感じられます。


ノーマルな焼き牛丼ではなく、「のりキムチ焼き牛丼」や「ガーリックねぎ牛丼」の方が肉の味がより分かり難いので、おすすめかも。


お金がなくて仕方なく食べている人はいいけれど、あれを「うまい、うまい」と好んで食べている人は、日本人として味覚が相当おかしいことを自覚すべき。

| | コメント (0)

2013/01/18

鬼のパンツは本当にいいパンツなのか?

最近サミットストアに行くと、繰り返し流れている「おにのパンツ」の唄。これはイタリアの歌「フニクリ・フニクラ」の替え歌であるが、歌詞が意味不明すぎる。あ、いや、一つ一つの文の意味は判るが、文章全体の意味が不可解。



おにのパンツは いいパンツ
つよいぞ つよいぞ
トラのけがわで できている
つよいぞ つよいぞ


ごねんはいても やぶれない
つよいぞ つよいぞ
じゅうねんはいても やぶれない
つよいぞ つよいぞ


はこう はこう おにのパンツ
はこう はこう おにのパンツ
あなたも あなたも あなたも あなたも
みんなではこう おにのパンツ


内容を要約すると、

・鬼のパンツは強い(丈夫である)
・トラの毛皮で出来ている
・十年はいても破れない

故に
みんなで鬼のパンツをはこう!!


ここでいくつかの疑問が浮上する。

①鬼はパンツをはいているのか?
 画像検索で調べたところ、
 パンツではなくミニスカのようなものを腰に巻いた鬼が多い。
 周囲が覆われているだけで、下はスカスカなのではないか。
 もしくは中に褌を付けているのかも。

②トラの毛皮で出来ているは本当か?
 たしかに虎模様に見えるが本当に虎の毛皮なのか?
 日本に虎はいないので、本当だとすると中国からの輸入モノ。
 パチモンの可能性あり。

③10年はいても破れないのは本当か?
 パチモンだとしたら一年経たずに破れそう。
 本物だとしても、下着なので頻繁に洗うもの。
 毛皮の洗濯は一般家庭では難しい。
 洗濯機で普通に洗ったら、すぐに劣化するだろう。
 都度クリーニングに出したら、経費が掛かり過ぎる。


そもそも「丈夫なパンツが良いパンツなのか?」という大きな疑問があるが、それに触れると長くなるので割愛させていただきます。


これらをまとめると、
鬼はパンツをはいていない可能性がある。
10年はいても破れないというのは誇大広告。


☆結論☆
おにのパンツは、はかない方が良い。

| | コメント (0)

2013/01/06

オオニシのブロイラー

秘密のケンミンSHOWで絶賛されていた「オオニシのブロイラー」。広島県尾道市の駄菓子屋では子供に大人気の定番商品。


近所の酒屋で売っていたので、買ってみました。


う~ん、所詮駄菓子だな。
出演者全員が「うまい!うまい!」と言って、「ビールのつまみにも合う」とか言ってたけど、そこまで美味しいものでもない。ケンミンショーのリアクションは大袈裟すぎるので鵜呑みにしない方がいい。


大人買いする人がいるらしいけど、まさに大人気ない。
子供の駄菓子の範疇を出ない商品。


Ohnishibroiler_01


| | コメント (0)

2013/01/05

八ちゃん堂「たこ焼き風SPAM焼き」

一ヶ月くらい前から近所のスーパーで売られていた八ちゃん堂「たこ焼き風SPAM焼き」。


昨日、勇気を出して買ってみました。


八ちゃん堂「たこ焼き」は食べたことないけれど、この商品はかなりまずい。SPAMがどうとかじゃなく、生地がまずい。しかもSPAMは写真のような大きさでゴロっと入ってなくてもっと小さい。誰も二度と買わないでしょう。


Spamyaki_01


| | コメント (0)

2013/01/03

「仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦」観ました

「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」観て来ました。


ネタバレあり。


特に中島かずきが脚本を書いているフォーゼ編はひどすぎて驚きを覚える。弦太朗のクラスがどんな状態なのか全く説明なく、いきなり怪人同盟との戦闘が始まり、三郎と弦太朗の無駄に長いチェイスへと続く。

さらに弦太朗は、なぜかそこにあった溶鉱炉にフォーゼドライバーを捨てちゃうし。普通あんな状態の溶鉱炉は存在しない。フォーゼに変身しないことで、何故信頼が得られるのかも意味不明。

なでしこ再登場は嬉しいけど、これまた現れた理由が不可解すぎる。


MOVIE対戦パートは、単に派手にドンパチやっているだけ。
誰もが早く終わってくれと願ったに違いない。


子供も大人も楽しめないそんな映画。


そんな中、唯一の希望がポワトリン!!
入来茉里が可愛いのはもちろんのこと、スタントなしのアクションも素晴らしい。テレビでのドラマ化熱望。


最後のオチは製作者サイドが面白いだけで、観客は全く面白くない。笑い声は起きず、みんな唖然としていた。そもそもあれがゲートならば、もっと早く狙われていないとおかしいでしょ。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »