« オオニシのブロイラー | トップページ | 「東京チカラめし」元祖焼き牛丼 »

2013/01/18

鬼のパンツは本当にいいパンツなのか?

最近サミットストアに行くと、繰り返し流れている「おにのパンツ」の唄。これはイタリアの歌「フニクリ・フニクラ」の替え歌であるが、歌詞が意味不明すぎる。あ、いや、一つ一つの文の意味は判るが、文章全体の意味が不可解。



おにのパンツは いいパンツ
つよいぞ つよいぞ
トラのけがわで できている
つよいぞ つよいぞ


ごねんはいても やぶれない
つよいぞ つよいぞ
じゅうねんはいても やぶれない
つよいぞ つよいぞ


はこう はこう おにのパンツ
はこう はこう おにのパンツ
あなたも あなたも あなたも あなたも
みんなではこう おにのパンツ


内容を要約すると、

・鬼のパンツは強い(丈夫である)
・トラの毛皮で出来ている
・十年はいても破れない

故に
みんなで鬼のパンツをはこう!!


ここでいくつかの疑問が浮上する。

①鬼はパンツをはいているのか?
 画像検索で調べたところ、
 パンツではなくミニスカのようなものを腰に巻いた鬼が多い。
 周囲が覆われているだけで、下はスカスカなのではないか。
 もしくは中に褌を付けているのかも。

②トラの毛皮で出来ているは本当か?
 たしかに虎模様に見えるが本当に虎の毛皮なのか?
 日本に虎はいないので、本当だとすると中国からの輸入モノ。
 パチモンの可能性あり。

③10年はいても破れないのは本当か?
 パチモンだとしたら一年経たずに破れそう。
 本物だとしても、下着なので頻繁に洗うもの。
 毛皮の洗濯は一般家庭では難しい。
 洗濯機で普通に洗ったら、すぐに劣化するだろう。
 都度クリーニングに出したら、経費が掛かり過ぎる。


そもそも「丈夫なパンツが良いパンツなのか?」という大きな疑問があるが、それに触れると長くなるので割愛させていただきます。


これらをまとめると、
鬼はパンツをはいていない可能性がある。
10年はいても破れないというのは誇大広告。


☆結論☆
おにのパンツは、はかない方が良い。

|

« オオニシのブロイラー | トップページ | 「東京チカラめし」元祖焼き牛丼 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オオニシのブロイラー | トップページ | 「東京チカラめし」元祖焼き牛丼 »