« 春から夏そして冬へ(2013年3月10日) | トップページ | キリン濃い味デラックス→まずい!! »

2013/03/20

2013年世界フィギュアスケート選手権(女子)を見て

2013年ISU世界フィギュアスケート選手権大会、女子はショートもフリーもレベルが高く、なかなか見応えのある試合でした。


浅田真央はSPでミスしたけど、FSではトリプルアクセルも跳んで素晴らしい演技でした。3F+3Loを跳べなかったのが惜しまれる。
もはやステップの技術、表現力では他者の追従を許さない。(点数ではコストナーの方が上ですが、それはバカジャッジのせい)


村上佳菜子の今シーズンSPのプログラム、二つのジャンプを後半に持って来るというのは失敗だったのではないかと思っていたけど、世界選手権では見事に決めて見せて、恐れ入りましたという感じ。フリーでは3F+2Aのシークエンスが1Aになるミスはあったけど、それ以外は大きなミスなく、今シーズンやって来たことを全て出せたという演技。
でも、PCS(演技構成点)が低いよ!!
アシュリー・ワグナーもそうだけど、もっと高く評価されるべき。

逆にコストナーは鼻血が出て、あきらかに精彩を欠く演技だったにもかかわらず、PCSは70点と高得点。
PCSに関する不満はあらためて記事にしたいと思っています。


ジジュン・リやグレイシー・ゴールドもノーミスの素晴らしい演技。
ジジュン・リはGPシリーズでは、李子君(りしくん)と呼ばれていたのに、四大陸からなぜかジジュン・リと呼ばれるようになった。なぜなのだ?


若い選手は、3Lz+3Tまたは3F+3T、2A+3Tを跳べないと、フリーで上位に来るのは難しいな。ロシア勢はいまひとつ伸び悩んでいるけど、来シーズンは以前のように難しいジャンプを決める姿を見たいものだ。


そしてキムヨナ.....

昔の記事を読んだことのある人は知ってると思うけど、オレはキムヨナの演技が大好きでした。

でも、今のキムヨナの演技はどうも気に入らない。

今回もノーミスで滑ったというだけで、心に響くものは感じられなかった。演技内容も全盛期には全く及ばず、しかも新たな試みが無く、昔のプログラムの刷り直しという感じ。イナバウアーからの2Aとか、もう見飽きた。

なんか自分の意志で滑っているのではない、楽しんで滑っているのではない気がします。


ただ、著名なコーチがついている訳でもなく、国際試合も二試合目なのに、あれだけの演技ができるということは賞賛に値します。

|

« 春から夏そして冬へ(2013年3月10日) | トップページ | キリン濃い味デラックス→まずい!! »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春から夏そして冬へ(2013年3月10日) | トップページ | キリン濃い味デラックス→まずい!! »