« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013/04/29

『仮面ライダーウィザード』石橋大助の脚本ひどすぎる

『仮面ライダーウィザード』第32話「危険なアルバイト」と第33話「金で買えないモノ」は、平成ライダーシリーズに度々登場する存在価値の無い回。


石橋大助の脚本がひどすぎる。
発想が中学生レベル。
話が支離滅裂。


井上敏樹信者なのか弟子なのか、コミカルな作風であるが全然笑えない。逆にイラっとする。


もう二度とライダーシリーズの脚本を書かせないでもらいたい。

| | コメント (1)

2013/04/27

翠星のガルガンティア

ふとアニメをたくさん観たいという欲求が高まり、2013年4月から始まった新番組のアニメをいくつか録画して観ています。

はたらく魔王さま!
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
とある科学の超電磁砲S
革命機ヴァルヴレイヴ
翠星のガルガンティア


なかでも『翠星のガルガンティア』は物語の発想が面白くて、実に興味深い。この記事を書くにあたって知ったのだが、シリーズ構成および脚本を手掛けているのが『魔法少女まどか☆マギカ』と同じ人なんだね。


『翠星のガルガンティア』


ちなみに『進撃の巨人』は第1話だけ観たけど、絵が下手すぎるのと、ストーリーが不可解すぎて続きを観る気になりませんでした。


あ、『宇宙戦艦ヤマト2199』も一応観ていますが、昨今のアニメと比べると、敢えてリメイクするほどの作品でもないかなぁという感じです。

| | コメント (0)

2013/04/25

ロシアでデスノートを有害図書要請

2013年4月25日のニュース記事

日本の人気漫画でロシアでも翻訳出版されている「DEATH NOTE(デスノート)」について、露中部ウラル地方の父母団体が24日、この漫画の内容や青少年の心理面に与える悪影響を詳しく調べるよう露政府に要請した。子供の健全な成長を阻害する実態が確認されれば、国内での関連商品の発売や広告の使用の禁止を要請すると訴えている。

2月、ウラル地方の中心都市エカテリンブルクで、15歳の少女が自宅窓から飛び降り自殺し、その後、少女の部屋からデスノートの単行本4冊が発見された。警察当局が関連性を調べており、父母団体の要請はこの事件を受けて行われた。


ウラル地方って2月に隕石が落下したところか。


デスノートが有害図書って.....Σ(-∀-;)
ちゃんと読んだ上で訴えてるのかな?

ちなみにロシアのニュース記事を検索したところ、ロシア語で「デスノート」は「Тетрадь смерти」と表記するようだ。英訳すると、「The notebook of death」。


過去には中国でデスノートの海賊版が規制を受けたりしたけど。


まぁ日本でも「ひぐらしのなく頃に」を有害図書だと言う大人がいるからなぁ。


<追伸>
ロシア語→日本語の翻訳ツールはあまり役に立たないネ。
上述のニュース記事は、ロシア語→英語に訳して読みました。

でも、"Манга"という単語だけ英訳できなくて、日本語に翻訳してみたところ、「漫画」という意味だった。これって「まんが」の音から出来た単語だよね、きっと。
英語の"comics"に当たるロシア語は「комиксов」。

"Манга"で画像検索すると、「ナルト」、「るろうに剣心」、「ワンピース」、「BLEACH」などが表示され、
"комиксов"で画像検索すると、アメリカン・コミックスばかり表示される。

| | コメント (0)

2013/04/24

ドラマ『ガリレオ』第2シリーズ第2話

おいおい、ガリレオ、いったいどうしちゃったのだ。


第1話に続いて第2話「指標す」もトリックが陳腐すぎる。まるでオリジナルのストーリーのようだが、2話も小説『ガリレオの苦悩』が原作なのか。


ダウジングの正体が不覚筋動だなんて、当たり前すぎて面白くもなんともない。


湯川先生は「物体の振動速度を非接触で測定する」と言って、わざわざJAXAの多軸振動非接触自動計測システム(MaVES)を使ったが、民間のレーザドップラ振動計で十分じゃない?


| | コメント (0)

2013/04/21

じぇじぇじぇ!ドラマ『あまちゃん』おもしろい♪

2013年4月スタートのNHK連続テレビ小説『あまちゃん』。


毎朝ではなく、土曜日にまとめて観ています。
NHK連続テレビ小説を観るのは宮﨑あおいの『純情きらり』以来。


能年玲奈が主演で、脚本は宮藤官九郎ということで、非常に興味深くて見始めたのだけれど、かなりおもしろい。


クドカン脚本の『うぬぼれ刑事』も面白かったけど、『あまちゃん』もコメディタッチのドラマで、笑いのツボにジャストミートします。


プロデューサー曰く「オーディション会場に入って来たとき空気が一変した」という能年玲奈(天野アキ役)の演技が初々しく、このドラマのヒロインにぴったり。


その他のキャスト、アキの母・小泉今日子、アキの祖母・宮本信子、駅長・杉本哲太、海女・渡辺えり,木野花,美保純、皆いい味出しています。Seventeenモデルである橋本愛も可愛いし。仮面ライダーフォーゼの福士蒼汰も北三陸高校の先輩としてやがて(第5週から)登場します。


公式サイトを見たら、観光協会に就職した小池徹平が作ったHPが公開されていました。
北三陸市観光協会ホームページ


Amachan_01


| | コメント (0)

2013/04/20

霊感商法とスピリチュアルカウンセラー

NHK-BSプレミアムで放送されている『コズミックフロント』が好きで、宇宙に関する興味がかなり高まっています。


最近はインフレーション理論について書かれた「インフレーション宇宙論(佐藤勝彦 著)」もAmazonで買って読みました。素人にも解り易く解説された良い本なのですが、基礎知識が不足しているため、内容の半分程度しかちゃんと理解できませんでしたが。


地球の始まりや宇宙の始まりを知れば知るほど、神や霊は存在しないのだという確信が強くなります。


さて、ここからが本題です。
いわゆる霊感商法とは、「あなたには悪い霊が憑いている」と言って、高額の商品を買わせたり、祈祷料・除霊料などの名目で高額の費用を支払わせるものですよね。

一方、スピリチュアルカウンセラーは、霊視などの霊能力を用いて心理カウンセリングを行う人。

この二つの違いは、クライエント(相談を受ける人)が騙されたと感じるか救われたと感じるかということでしょうか。

たとえば、スピリチュアルカウンセラーとして有名な江原啓之のカンウンセリング料金がいくらか知りませんが、仮にそれが高額だったとしても、クライエントが救われたと感じれば、それは合法ということなのか。


神社での祈願や厄祓いも似たようなものです。
厄祓いをしたのに事故にあって重傷を負った人は、「厄祓いをしなければ死んでいたに違いない」と思うでしょう。神社を訴える裁判など聞いたことがないです。


江原啓之に会う機会があれば、ぜひとも聞いてみたいことが二つあります。
「霊になれるのは人間だけですか?動物だけですか?微生物も含まれますか?植物は?」
「霊はいつ頃から存在していますか?」


高名なスピリチュアルカウンセラーになるには、口が達者でないと務まらないので、おそらく巧妙な詭弁でかわされるに違いありません。

| | コメント (0)

2013/04/17

ドラマ『ガリレオ』第2シリーズ第1話

2013年4月15日スタートのドラマ『ガリレオ』第2シリーズ。


柴咲コウに代わって吉高由里子が出演するのも実に興味深い。


第1話「幻惑す」を観ましたが、トリックがマイクロ波というのは如何なものか。


てっきりオリジナルのストーリーなのかと思ったら、小説『虚像の道化師 ガリレオ7』を原作としているのか。なんか意外。


wikipediaによると、マイクロ波兵器は米軍が開発中のアクティブ・ディナイアル・システム (Active Denial System)というものが実在する。皮膚の表面温度を上昇させることが可能で、この照射を受けた者は火傷を負った様な錯覚に陥るとのこと。暴動鎮圧の用途で使われ、殺傷能力はないようだ。


あの教団の幹部らは、何の罪(容疑)で逮捕されたのだろう?
男がビルの窓から転落したのは事故だと思うんだけど.....。


気になったのでいろいろ調べたところ、
マイクロ波(電磁波)に関する安全基準について定義している「電波法施行規則」または「電気用品安全法」に抵触するくらいかなぁ。

| | コメント (0)

2013/04/09

国際宇宙ステーション(ISS)2013年4月8日観測

ニュース記事に2013年4月8日は国際宇宙ステーション(ISS)の観測に最適と書いてあったので、JAXAのサイト「国際宇宙ステーションを見よう!」で時刻と方角を調べて観測しました。

見え始め : 18:56:30(南西/11度)
最大仰角 : 18:59:30(南南東/65度)


観測できたのは、この間の2分程度です。
ISSってかなり速いんだね。
あっという間に頭上を過ぎて行った。


動画で撮影できたのは1分程度。
画面右下から左上へ小さな光が動いて行くのがわかります。カメラがショボイので、動画編集で明るさ補正してやっとこのレベル。実際の目視ではもっとはっきり明るく見えます。

画面中央下部にチラチラ見える星は、たぶんシリウス。
40秒あたりで変な動きをするのは手ぶれです。

| | コメント (0)

2013/04/07

アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』

2012年10月5日に始まったアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』。2013年4月5日放送の第26話「神になった男」で最終回を迎えた。


1話から9話までが第1部『ファントムブラッド』
10話から26話までが第2部『戦闘潮流』


...というか最終回だとは知らなくて、ラストシーンに空条承太郎が映ってたし、来週から第3部『スターダストクルセイダース』が始まるものだと思っていたら、とりあえず第2部までしかやらないのね。


アニメ化されても非常に面白い作品で、毎週楽しみに見てたのに残念。


仮面ライダーやスーパー戦隊の脚本を手掛けた小林靖子がシリーズ構成を務めていたのも興味深い。


第2部の主題歌「BLOODY STREAM」がなかなかイカス!!
最初は曲に惹かれて、作品の内容をそのまま表現した歌詞は如何なものかと感じていたが、何度も聴くうちにそれが逆に良いのだと思うようになった。


(※音量が大きいので注意)


※ココログの命令により歌詞を削除しました※

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »