« ドラマ『ガリレオ』第2シリーズ第2話 | トップページ | 翠星のガルガンティア »

2013/04/25

ロシアでデスノートを有害図書要請

2013年4月25日のニュース記事

日本の人気漫画でロシアでも翻訳出版されている「DEATH NOTE(デスノート)」について、露中部ウラル地方の父母団体が24日、この漫画の内容や青少年の心理面に与える悪影響を詳しく調べるよう露政府に要請した。子供の健全な成長を阻害する実態が確認されれば、国内での関連商品の発売や広告の使用の禁止を要請すると訴えている。

2月、ウラル地方の中心都市エカテリンブルクで、15歳の少女が自宅窓から飛び降り自殺し、その後、少女の部屋からデスノートの単行本4冊が発見された。警察当局が関連性を調べており、父母団体の要請はこの事件を受けて行われた。


ウラル地方って2月に隕石が落下したところか。


デスノートが有害図書って.....Σ(-∀-;)
ちゃんと読んだ上で訴えてるのかな?

ちなみにロシアのニュース記事を検索したところ、ロシア語で「デスノート」は「Тетрадь смерти」と表記するようだ。英訳すると、「The notebook of death」。


過去には中国でデスノートの海賊版が規制を受けたりしたけど。


まぁ日本でも「ひぐらしのなく頃に」を有害図書だと言う大人がいるからなぁ。


<追伸>
ロシア語→日本語の翻訳ツールはあまり役に立たないネ。
上述のニュース記事は、ロシア語→英語に訳して読みました。

でも、"Манга"という単語だけ英訳できなくて、日本語に翻訳してみたところ、「漫画」という意味だった。これって「まんが」の音から出来た単語だよね、きっと。
英語の"comics"に当たるロシア語は「комиксов」。

"Манга"で画像検索すると、「ナルト」、「るろうに剣心」、「ワンピース」、「BLEACH」などが表示され、
"комиксов"で画像検索すると、アメリカン・コミックスばかり表示される。

|

« ドラマ『ガリレオ』第2シリーズ第2話 | トップページ | 翠星のガルガンティア »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラマ『ガリレオ』第2シリーズ第2話 | トップページ | 翠星のガルガンティア »