« 『仮面ライダーウィザード』石橋大助の脚本ひどすぎる | トップページ | 煮豚をチャーシューと呼ぶのは如何なものか »

2013/05/04

ブラッディ・ノブナガ→ブラッディ・マリー→ブラッディ・シーザー

最近のマイブーム、トマトジュースを使ったカクテルのブラッディ・マリー。


最初は、キンミヤ焼酎をトマトジュースで割って飲んでいました。この飲み物は「ブラッディ・ノブナガ」と命名。


次のレベルは、ブラッディ・ノブナガにリーペリン・ウスターソースをプラス。


そしてウォッカ「スミノフ」を購入し、本格的なブラッディ・マリーに。
レモンの輪切りも添えて、なかなかカクテルらしくなった。


さらにはMott's Clamato(クラマト)を購入し、ブラッディ・シーザーに。クラマトはトマトジュースに貝(クラム)のエキスとスパイスを加えたもの。

Clamato_02


ああ、ブラッディ・シーザーうまいなぁ(★´∀`)
ついつい飲み過ぎてしまう。


ちなみに、ブラッディ・シーザー(Bloody Caesar)は、1969年カナダのカルガリーにオープンしたMarco'sイタリアンレストランで誕生しました。スパゲッティ・ボンゴレロッソにヒントを得て、ウォッカにトマトジュース、貝のエキス、ライム、ウスターソースを加えて、レストランのシンボルとなるようなカクテルが作られました。

そのカクテルはローマ皇帝ユリウス・カエサル(Julius Caesar)から、ブラッディ・シーザー(Bloody Caesar)と名付けられました。

|

« 『仮面ライダーウィザード』石橋大助の脚本ひどすぎる | トップページ | 煮豚をチャーシューと呼ぶのは如何なものか »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『仮面ライダーウィザード』石橋大助の脚本ひどすぎる | トップページ | 煮豚をチャーシューと呼ぶのは如何なものか »