« 2013年ISUフィギュアスケート・グランプリ開幕 | トップページ | 阪急阪神ホテルズのメニュー誤表示問題は南極大陸の一角 »

2013/10/22

フィギュアスケート2013年GP第1戦女子フリー レビュー

浅田真央は冒頭のトリプルアクセルを失敗・転倒したにもかかわらず、それを引きずることなく冷静に、3F+2Lo、2A+2Tとジャンプを無難にまとめた。

スピンは独創的なスタイルはないものの、確実にレベルを取るスピン。

ステップはもはや他者の追従を許さない。
上半身を効果的に使い、多様なターン、ステップ、エッジワークも巧みだ。
GOEは9名中6名が+3(3名が+2)と評価している。


今後プログラムが成熟し、トリプルアクセルが成功して、3F+3Lo、2A+3Tも決めたら、ソチオリンピックで優勝できるだろう。ラストイヤーにふさわしいシーズンになりそうな予感。


アシュリー・ワグナーは今シーズンも流麗で見る者を魅了する演技。
果敢に3F+3Tに挑戦する姿勢も素晴らしい。
スピンのレベル取りこぼしは今後の課題かな。


エレーナ・ラジオノワはいくつかミスがあったものの、シニアGP初戦にしては上出来。
今後が楽しみ。NHK杯で2位を獲れればファイナル進出確定的。
3連続の3回転ジャンプを跳ぶという噂だが、3Lz+3T+3Tなのかな?そうだとするとそれ以降に3Tを跳べないので、無理に3連続を跳ぶ意味ないような。3Lz+3Lo+3Tなら判るが、果たしてそれが跳べるのか。

|

« 2013年ISUフィギュアスケート・グランプリ開幕 | トップページ | 阪急阪神ホテルズのメニュー誤表示問題は南極大陸の一角 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2013年ISUフィギュアスケート・グランプリ開幕 | トップページ | 阪急阪神ホテルズのメニュー誤表示問題は南極大陸の一角 »