« 3位は上村愛子が相応しい!@ソチオリンピック・女子モーグル決勝 | トップページ | 羽生結弦選手ソチオリンピック優勝おめでとう!! »

2014/02/10

上村愛子のターン点がなぜ低いか~モーグルのベース点について~

今日のワイドショーでいろいろな元モーグル選手が口にしたターンの「ベース点」。


その解説によると、各選手にはあらかじめターンのベース点が決められており、その点数からミスした分だけ減点される。上村愛子のベース点はハナ・カーニーのベース点よりもはるかに低いので、今回のような結果になったとのこと。

上村愛子は、昨年の夏に行われたスキー連盟主催のジャッジクリニックに参加した際、自分のベース点が低いことを知ったそうだ。しかしながら、いまさらスライドに変えるのは難しいし、前々から極めてきたカービングターンで勝負すると決めた。


FISのルール上はカービングターンが良いとされているが、現在の女子モーグルの主流はスライドターンで、質の高いスライドターンの出来る選手はベース点が高い。5点満点中、ハナ・カーニーのベース点はおそらく4.5ポイント程度。一方、上村愛子のベース点は3.8ポイント程度。


このベース点(ベーススコア)なるものについて、FISの「Judging Handbook」等の文書を調べたが、どこにも明記されていないようだ。書面には書かれていないが確実に存在する摩訶不思議なもので、モーグル競技者なら誰でも知っていることらしい。


モーグルのベース点について検索していたら以下のブログを発見。ふむふむ、なるほど。以前より、そういうシステムになっていたのか。
FREESTYLE HOUSE INC.「何年たっても、、


大会の規模や選手の実績によって、ベース点は決められていて、その選手が完璧な滑りをすればベース点が得られる。ミスをすれば、その分ベース点から引かれるという仕組み。


なので、大会に出場してスコアを見れば、自分のベース点がどの程度か具体的な数値として判る。


ソチオリンピック・女子モーグルのメダリスト達は、試合前から大きなアドバンテージを持っていたということか。出場選手はそれを理解した上で参戦しているのであれば、仕方のないことだ。


IOCに抗議するのはやめました。
しかしながら、フィギュアスケートもそうだが、過去の実績を現時点のスコアに加味するというシステムはスポーツとして如何なものか。

また、「スライドターンが主流...」などと曖昧な規定にせずに、ルールを改正して書面に明記すべき。

|

« 3位は上村愛子が相応しい!@ソチオリンピック・女子モーグル決勝 | トップページ | 羽生結弦選手ソチオリンピック優勝おめでとう!! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3位は上村愛子が相応しい!@ソチオリンピック・女子モーグル決勝 | トップページ | 羽生結弦選手ソチオリンピック優勝おめでとう!! »