« 新垣結衣@雪肌精CM「すっぴん、やかない」篇 | トップページ | Youtube「Ka Nohona Pili Kai」コピー動画について »

2014/04/04

安藤美姫、引退セレモニーなんてやってもらえたのか

2014年4月3日のニュース記事より
『フィギュアスケートの元世界女王で昨年末の全日本選手権で現役を引退した安藤美姫さん(26)が3日、愛知県名古屋市で行われたアイスショー「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」に出演した。

全選手が演技を終えた後に引退セレモニーが開かれ、「アメージング・グレース」で熱演を披露。「みなさんありがとうございました。スケーターとしては波のあった選手と思うけど、それが安藤美姫。緊張したけど温かい空気の中、滑らせてもらえて幸せでした」と会場に来たファンへ惜別メッセージを送っていた。』


自分で「スケーターとしては波のあった選手」と言ってるけど、オレが思うに、情緒不安定で、負けず嫌いで、頑固で、同情されたがりで、引退時期を見誤った選手.....かな。4回転サルコウにこだわらなければ、もっと良い成績を残せたと思う。そして2011年の世界選手権で優勝したのを機に引退すべきだった。


この表現だと悪いところだらけだけど、長所は類い稀なるバランス感覚を持っていて、天才肌で且つ努力家。心技体揃ったときの安藤美姫は本当に輝いていた。


なのに、なのに、1年間休養したあとの2012年、GPシリーズに出場すると言いながら、練習よりも性交に励み、開幕直前になって調整不足を理由に出場を辞退。その後、自身の妊娠を知ることになる。2012-2013シーズンは全試合欠場。


2013年7月、同年4月に出産していたことを公表。そして出産の公表と引退を同時期にしたくないという理由だけで、「ソチオリンピックを目指す」などと出来もしない目標を掲げて現役復帰。
高○クリニックをうまく利用し、いろいろ謀略をめぐらせた結果、全日本選手権では7位という成績でソチへの切符はもちろん手にすることができなかった。そして引退を発表。


「ソチオリンピックを目指す」という言葉を信じて応援して来た人を欺いた訳だが、安藤美姫のファンは人がいいのか、「よく頑張った」などと言っている。引退セレモニーなんてものもやってもらえたということは、彼女の作戦は成功したと言えるのかもしれない。


安藤美姫はコーチには不向きで、解説者も難しいと思う。基本プロスケーターで、当面メインの仕事はタレント活動かな。

|

« 新垣結衣@雪肌精CM「すっぴん、やかない」篇 | トップページ | Youtube「Ka Nohona Pili Kai」コピー動画について »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新垣結衣@雪肌精CM「すっぴん、やかない」篇 | トップページ | Youtube「Ka Nohona Pili Kai」コピー動画について »