« 『ほんとにあった怖い話』 | トップページ | 2014年夏『ほんとにあった怖い話』の記事へのコメント »

2014/08/17

2014年夏『ほんとにあった怖い話』(ネタバレあり)

2014年8月16日に放映されたフジテレビ『ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル』。


あまりにもつまらなくて途中で眠ってしまった。
不眠症なので毎晩0時頃から放送してもらいたい。


続きから見直したけど、どの話も怖くなく、また実際にあったとは思えない。


以下感想.....


『S銅山の女』
出演 : 石原さとみ, 小池徹平, 池田鉄洋 ほか
営業用の車なのにカーナビが付いていないとは、10年以上前の話か。道を間違えたことに気付いたのに、どこかでUターンせずに銅山まで行ってしまうのはバカなのか。
営業成績にうるさくて厳しい部長が営業先からの帰り道にわざわざ銅山に寄る訳ないじゃないか。会社に戻ってからも当然仕事するんだろ。しかも石仮面(ジョジョかよ)を持ち帰る意味もわからない。


『さとるくん』
出演 : 剛力彩芽
まず普通は非通知着信拒否設定にしてるよね。なので、さとるくんが電話しても「番号を通知してお掛け直しください。」と言われるだけだ。また、彼氏の言う話が真実かどうかもわからないのだから、ちゃんとさとるくんの話を聴いてあげるべき。これから.....というときに話が終わってしまった。あれが本当に投稿された話の全てだったら、間違いなくボツにされるだろう。


『犯人は誰だ』
出演 : 草なぎ剛, 北乃きい, 緋田康人
どこが怖いのか全くわからん。
彼女はST(警視庁科学特捜班)に入るべきだ。


『誘いの森』
出演 : 島崎遥香(AKB48), 広瀬アリス
大か小かわからないが、トイレにポーチを忘れたのなら、用を足した人が取りに行けばいいでしょ。単に島崎遥香をメインに撮影したかっただけのことに違いない。そしてぼっとん便所から出て来る霊なんて、怖いっていうより汚くて嫌だ。もしかすると単なるノゾキの男だったのかも。


『腕をちょうだい』
出演 : 桐谷美玲, 菜々緒, 藤本泉 ほか
霊が「誰でもいいの。右腕ちょうだい」などと言っていたが、「誰でもいい」なんて適当すぎる。さらに「まさみの右腕あげる」と友人の右腕をあげると言うとは、なんてひどい女だ。結局、まさみはたいしたケガではなく、右腕は取られなかったようだ。あれだけ執拗につきまとっていたのに、右腕を取らないとは意味がわからん。


『タクシードライバーは語る』
出演 : 坂上忍, 志賀廣太郎
タクシーにまつわるよくある噂話。
途中、カーナビはY字路(?)を左方向に行けと指示したのに、運転手は「ほんとにこっちの道でいいんですか?」と乗客の女性に訪ねて右へ進んだ。それって、女性が「そこを右へ行ってください」と言ったのかな?進んだ道は近道だったのだが、霊がいちいち近道とか指示するものなのか。代金を支払う親を気遣ってのことなのだろうか。そこを気遣うのなら、何度も家に帰って来るな。

カーナビって目的地付近に着くと「まもなく目的地です。音声案内を終了します。」と勝手にナビをやめちゃうよね。乗客の家の前ピンポイントで案内してくれないと思うんだけど。
極めつけは、父が運転手に「あなたのような優しい方に頼ってしまうようです。」と言ってるにもかかわらず、帰り道「墓参り行って、おふくろに会わないとな」とつぶやく運転手に、女性の霊が「あたしが会わせてあげる」とは何事か!この親不孝者!!


『闇への視覚』
出演 : 黒木瞳, 町田啓太(劇団EXILE), 宮崎美子 ほか
息子の霊の最初の登場の仕方は何なのだ!?身体が横になって下半身が窓に突き刺さっていたぞ。あの体制にはどんな意味があるのか。それ以降は普通に立っていたのに。しかも母親に憑りついて身体を疲れさせるとは何事か!この親不孝者!!
母に渡したかったプレゼントがなんとスマートフォン。白ロムのスマートフォンでない限り、基本使用料等が発生するので、毎月携帯会社から請求書が届くはずなんだけど。母は訳もわからず毎月支払っていたのだろうか。母さん助けて詐欺がなくならない訳だ。

|

« 『ほんとにあった怖い話』 | トップページ | 2014年夏『ほんとにあった怖い話』の記事へのコメント »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

馬鹿げていてそして実につまらない感想ばかりですね。


マジレス:まぁ感想ですから、好きにして下さればよろしいのですが、仮にもここはネットです。人が見て「あ〜確かに」
「なるほどね」と思える感想はなかったのでしょうか?。


どれもこれも石仮面が出たからジョジョ、だとかあなたみたいな人が要るからにわかでドヤ顔する人も減らないのですね。


予知能力がある人の話も...貴方はバカですね〜。警察に行っても信じて貰えないと女の人は言っていたはずですが?


右腕ちょうだいも主人公がひどい?ちゃんと話見ましたか?友人から嫉妬に近いものでせがまれた事でまさみに対しての思いが怒りに近いものに変わっていたことを...。


確かにさとるくんでは共感するところもありますが。


文句があるなら、こんなところでチマチマ言うな。感想と言うのは良いところ悪いところも書くべきです。
それが嫌なら放送局にでも電話しろよ。
(まぁ勇気が無いからここで書いているのですよねwwww)。

投稿: | 2014/08/18 20:20

岡山県在住で、吉備ケーブルテレビの回線からアクセスされた匿名さん、


普通ならば、こういうバカなコメントは即削除だけど、マジレスしてあなたが如何に浅はかな人間かを教えて差し上げます。


まさかあれが実際に起きた出来事だなんて思っていませんよね?


「あ〜確かに」「なるほどね」と思ってないのはあなただけかもしれません。低レベルな番組の感想を茶化して書いただけの記事です。それを読み取れないとは読解力が低すぎます。


「仮にもここはネットです。」という表現もおかしいですよね。仮にもではなく、まさしくネットですよ。世界中の多種多様な人間が自由に様々な意見を述べている場所です。


『S銅山の女』の石仮面について「ジョジョかよ」と書いただけのことで、「にわかでドヤ顔する人も減らない」とは片腹痛い。何が「にわか」で、どこが「ドヤ顔」なのか理解不能。


予知能力ではないと思いますが、『犯人は誰だ』に関しては、現在放送中のドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル』のSTメンバーになればいいのにということです。本当に警視庁に勤めればいいのにと書いたと思ったのですか?自分の無知や洞察力の無さを棚に上げて、人をバカ呼ばわりするとは、膚浅な方ですね。


『腕をちょうだい』の主人公は明らかにひどい人間ですよ。いくら友人の言動に腹を立てたからと言って、自分の代わりに友人の腕を持って行けなどと思ってもいけないし、霊に指示するなんてもってのほか。あなたのような人が一時の感情で他人を平気で殺傷するのでしょう。


「感想」の意味をご存知ですか?
「物事について、心に感じたことや思ったこと」という意味です。良いところも悪いところも書くというのは、あなたが勝手に思っていることです。ちなみに良いところを書いていないのは、良い点が皆無だっただけのこと。


極めつけは、放送局に電話するのに勇気なんて必要なのですか?あなたは必要なのかもしれませんが、私には必要ありません。「勇気」などという言葉を持ち出すということは年齢は中学生くらいでしょうか。もしそうであれば、未熟な人間にマジレスして申し訳ない。


そもそも『ほんとにあった怖い話』などというくだらない番組について、あなたと討論すること自体馬鹿馬鹿しい。

投稿: たーさん | 2014/08/18 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ほんとにあった怖い話』 | トップページ | 2014年夏『ほんとにあった怖い話』の記事へのコメント »