« かなりウマイ!「モルツ サマードラフト」(感想) | トップページ | 2014年夏アニメ »

2014/08/05

2014年台風11号に厳重警戒!(追記あり)

真南から真北に進んで来る台風は、太平洋沿岸に影響を与える時間が長いので、豪雨&長雨になりやすい。紀伊半島に甚大な被害をもたらした2011年台風11号が典型的な例です。


台風12号は九州から少し西側に離れて進んだので、これほど被害が大きくなるとは思いませんでしたが、速度が遅かったのと、太平洋高気圧のちょうど西のへりに四国が位置していたので、大量の湿った空気が流れ込んだようです。


週間天気予報では、今日以降も四国から九州にかけて雨予報なので、引き続き土砂災害に注意です。


2014年台風第11号 (ハーロン)は、8月5日0時現在、フィリピンの東にあって、時速15kmで北北西へ進んでいます。中心気圧は945hPa、中心付近の最大風速は45m/s。


8月6日には中心気圧935hPa程度まで勢力を強め、そこから徐々に勢力を弱めながら東経130度線付近を真北~北微東へ進み、8月9日に鹿児島~高知あたりに上陸する見込み。


台風が最盛期の時期に通過する大東諸島や奄美諸島も危険です。


四国にとっては弱り目に祟り目ですが、依然として太平洋高気圧のちょうど西のへりに位置しているので、台風12号と同量もしくはそれ以上の豪雨&長雨になる可能性があります。県主導の対策本部を設置して、厳重警戒が必要と思われます。


また東北から北海道にかけて前線も位置しているので、台風から離れた場所でも警戒が必要です。


気象庁発表台風5日進路予報
Typhoon201411_02


<8月7日追記>
8月7日0時現在、台風第11号は南大東島の南約200kmにあって、時速15kmで北北東へ進んでいます。中心気圧は955hPa、中心付近の最大風速は40m/s。偏西風が少し南下しており、上陸後の進路が東寄りになるかもしれません。

日本近海(北緯30度あたりまで)の太平洋海水温は29~30度あるので、さほど勢力を落とさずに接近する模様。

8月8日9時の予想天気図
Typhoon201411_03

この予想天気図を見ると、北海道から鹿児島までどこで豪雨になってもおかしくないと思われます。台風が通過する8月11日~12日まで、豪雨・雷・突風に要注意です。


<8月8日追記>
8月8日0時現在、台風第11号は南大東島の北北東約100kmにあって、時速10kmで北へ進んでいます。中心気圧は945hPa、中心付近の最大風速は40m/s。勢力を落とさずどころか、逆に強くなっています。

気象庁発表台風5日進路予報
Typhoon201411_05

偏西風が北緯40度あたりまで南下しているので、台風が日本海に抜けたあと、東寄りに進路を変えて、東北~北海道に再上陸する可能性も考えられます。

気象衛星画像(8月8日0時30分)
Typhoon201411_06

ここまで北上して、台風の目が見えるとは驚きです。

|

« かなりウマイ!「モルツ サマードラフト」(感想) | トップページ | 2014年夏アニメ »

天気・気象・天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かなりウマイ!「モルツ サマードラフト」(感想) | トップページ | 2014年夏アニメ »