« 2014年夏『ほんとにあった怖い話』(ネタバレあり) | トップページ | なぜALSだけ特別扱いなのか?>アイス・バケット・チャレンジ »

2014/08/21

2014年8月20日広島土砂災害への行政の対応は適切だったか?

2014年8月19日深夜から20日未明にかけて、広島市北部を襲った豪雨により、多くの死傷者・行方不明者が出ている土砂災害。


広島市の対応は適切だったのだろうか?


降水量だが、アメダス三入(ミイリ)のデータは以下の通り。
20140820miirir01

午前2時から5時までの3時間の雨量は209mm。


午前1時15分、気象庁は広島市に対して土砂災害警戒情報を発表。これを受けて、広島市は1時35分に災害警戒本部、安佐南区・安佐北区・佐伯区災害警戒本部を設置。


午前3時、気象庁は土砂災害警戒判定メッシュ情報で、広島市が土砂災害警戒情報の基準を既に超過していると非常事態の情報を発している。
201408200300doshasaigai_01


午前3時20分頃、安佐南区山本で土砂崩れがあり、「男の子2人が生き埋めになった」という119番通報が入る。その後、土砂崩れや生き埋めの119番通報が相次ぐ。


午前3時30分、広島市は災害対策本部(第1次体制)、安佐南区・安佐北区災害対策本部(第1次体制)を設置。


午前4時20分、広島市は安佐北区可部南、可部、三入、三入学区(南原)、大林に避難勧告を発令。午前4時30分、安佐南区梅林、八木、緑井、山本に避難勧告を発令。


午前6時28分、広島市は広島県知事に対して自衛隊派遣を要請。


結論としては、
台風とは違い、前日19日の時点で土砂災害が起きた地域に局地的に大雨が降ると予想できた者はいない。暗闇でかつ1時間に100mmの豪雨の中、河川氾濫の恐れもあり、住民を避難させるのはリスクも高い。
広島市の対応は最善ではなかったものの、深夜の突然の事態に対して出来る限りのことはやったと思われる。


今回の災害は今後の教訓になれば良いが、深夜にゲリラ豪雨という状況にどう対処すればよいか非常に難しい問題だと思う。


不幸にも亡くなった方には、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

|

« 2014年夏『ほんとにあった怖い話』(ネタバレあり) | トップページ | なぜALSだけ特別扱いなのか?>アイス・バケット・チャレンジ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2014年夏『ほんとにあった怖い話』(ネタバレあり) | トップページ | なぜALSだけ特別扱いなのか?>アイス・バケット・チャレンジ »