« 明治神宮では蚊の駆除を行わないのか?>デング熱 | トップページ | デング熱のウイルス拡散が止まらない(人がウイルスを運ぶ) »

2014/09/05

なぜ明治神宮は閉鎖しないのか?>デング熱

2014年9月4日、東京都は代々木公園で採集した複数の蚊からデング熱のウイルスが検出されたため、同日午後2時から一部を除き同公園を閉鎖したと発表した。立ち入りが禁止されたのは中央広場や噴水池のある都道413号線より北側の地区。


航空写真で見るとよくわかるが、代々木公園と明治神宮は一つの森として一体化している。デングウイルスを持つ蚊が明治神宮にもいることは間違いない。なぜ明治神宮は閉鎖しないのか?


Yoyogikoen_02


明治神宮では参道入り口に虫除けスプレーを置いて対応しているそうだが、虫除けスプレーを身体に塗布したところで、蚊に刺される可能性はゼロじゃない。蚊にはあまり効かないという話も聞く。


そもそも代々木公園が閉鎖されるほどデング熱の危機感が高まっているのに、明治神宮へ行く人間の気が知れない。自分は感染しても死ぬことはないと高を括っているのだろうか。


明治神宮でデングウイルスに感染した人が別の場所で蚊に刺され、その蚊が高齢者や幼児、または免疫力の低い人を刺してデング熱を発症し、重症化して死亡したら、殺人行為に近い。


明治神宮がどうしても閉鎖しないというのであれば、明治神宮へ行くのをやめてくれ!スケジュールが決まっている結婚式などを除き、今の時期に明治神宮へ行かなければならない理由はないでしょ。


<追伸その1>
東京都WEBサイトの要望受付フォームから、明治神宮閉鎖の依頼を陳情しました。


<追伸その2>
この記事の続き
→「代々木公園周辺とはどこなのか?>デング熱

|

« 明治神宮では蚊の駆除を行わないのか?>デング熱 | トップページ | デング熱のウイルス拡散が止まらない(人がウイルスを運ぶ) »

デング熱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明治神宮では蚊の駆除を行わないのか?>デング熱 | トップページ | デング熱のウイルス拡散が止まらない(人がウイルスを運ぶ) »