« なぜ明治神宮は閉鎖しないのか?>デング熱 | トップページ | 錦織さん、すごいな!! »

2014/09/06

デング熱のウイルス拡散が止まらない(人がウイルスを運ぶ)

2014年9月5日、ついに代々木公園周辺に行ってない人のデング熱発症が報告された。新宿中央公園で蚊に刺されたと話しているとのこと。


これは2次感染と見るべきだろう。代々木公園や明治神宮でデングウイルスに感染し、その人間が新宿中央公園でも蚊に刺され、その蚊が媒体となり、別の人間がデングウイルスに感染・発症したに違いない。


明治神宮に関しては、対応が遅く生半可なので、明治神宮で感染して発症する人が続々と現れるであろう。


9月5日の時点でデング熱発症者は72人確認されている。
デング熱の潜伏期間は2~15 日(多くは3~7日)であり、ある程度ウイルスが増殖してから、本人が症状に気付き治療を受けるまでの間は蚊に刺され放題だ。


デングウイルスに感染した人がデング熱を発症する確率は、10~50%と言われている。ということは、デングウイルス感染者は発症が確認されている人以外に、少なくても72人、理論上最大で648人いる計算になる。


現時点でデング熱発症者は72人だが、デングウイルス感染者は相当数存在すると考えられる。


デング熱発症者ですら、自分が感染源であるという認識が薄く、横浜で蚊に刺されたなどと言っている人がいるのに、発症していない人間は蚊に刺され放題だ。

ただし、デングウイルスに感染しても発症しなかった人は、体内でウイルスが増殖しなかったと考えるならば、たとえ蚊に刺されても、その蚊が媒体となるリスクはゼロに近い。


蚊の活動が治まる時期(10月下旬)まで、日本各地でデング熱発症者が増え続ける可能性は決して低くないと思われる。


健康な人間にとっては季節性インフルエンザと変わらない程度の脅威に過ぎないだろう。しかしながら、自分のようにレミケードの投与を受けている人は、感染症が重篤化する恐れがあるので、戦々恐々としているでしょう。

|

« なぜ明治神宮は閉鎖しないのか?>デング熱 | トップページ | 錦織さん、すごいな!! »

デング熱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なぜ明治神宮は閉鎖しないのか?>デング熱 | トップページ | 錦織さん、すごいな!! »