« 『マッサン』のエリーと『花子とアン』のスコット先生が歌う「The Water Is Wide」 | トップページ | 宮原知子は機転を利かせて2Aを3Tにしたのか!@2014年NHK杯 »

2014/11/30

グランプリファイナル女子に日本選手が出場しないのは2001年以来の快挙!

2014年フィギュアスケート・グランプリファイナルに進出する女子選手は以下の6名に決まった。

1. エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
2. エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
3. アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)
4. グレイシー・ゴールド(USA)
5. ユリア・リプニツカヤ(ロシア)
6. アシュリー・ワグナー(USA)


負傷等で欠場することなく、この6名全員がグランプリファイナルに出場した場合、女子の日本人選手が出場しないのは、2001年2月に行われた(2000-2001シーズン)グランプリファイナル以来のこととなる。

2001-2002シーズンから2013-2014シーズンまで13年間続いていた日本人選手の出場が途切れるという由々しき事態。


これは日本において女子のジュニア育成が滞っていた証。
日本スケート連盟は収益向上のことしか頭になくて、どうすればロシアのように有望な若手選手を育てることができるか、ほとんど考えていないように思えます。


日本スケート連盟の中で、古き悪しき習慣を引きずっている理事・役員・フィギュア部門職員は全て解任してもらいたい。


浅田真央がソチオリンピックの団体戦後に、「日本に戻って練習したい、もしくはモスクワでロシア選手と一緒に練習させて欲しい」と訴えたのに、連盟側があらかじめ確保していたアルメニアの砂まじりの劣悪なリンクで練習させたのは有名な話だが、それはまさに連盟の体質を表しており、大会で選手が活躍できるようサポートするという基本的なことが全く出来ていない。


今季グランプリシリーズのロシア大会で優勝した本郷理華やNHK杯フリーで素晴らしい演技を見せた加藤利緒奈、そして樋口若葉を筆頭とするジュニア世代の選手を活かすも殺すも日本スケート連盟次第なので、ドラスティックな改革を切望します。


<追伸>
村上佳菜子に関しては、2013年11月26日の記事に書いたように、今の環境下では成長は望めない。まず、コーチを替えることから始めるべき。

2Tを3回でなく、2Loを3回跳んでしまうとは驚きました。
プログラムを変更した際に、2Loを3回跳ぶ可能性については当然想定しておくべきこと。シニア5シーズン目なのに、試合中にジャンプの失敗による構成の変更ができないとは、てへぺろレベルでは済まされない。

日本女子選手のエースは村上佳菜子ではありません。グランプリシリーズの成績だけで言うと三番手。ジュニア時代から彼女を応援して来た自分にとって残念なことではありますが、それが現実です。

|

« 『マッサン』のエリーと『花子とアン』のスコット先生が歌う「The Water Is Wide」 | トップページ | 宮原知子は機転を利かせて2Aを3Tにしたのか!@2014年NHK杯 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『マッサン』のエリーと『花子とアン』のスコット先生が歌う「The Water Is Wide」 | トップページ | 宮原知子は機転を利かせて2Aを3Tにしたのか!@2014年NHK杯 »