« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015/03/29

祝トゥクタミシェワ初優勝@2015年世界選手権

2015年世界フィギュアスケート選手権大会
エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ初優勝おめでとう!!shinecrownshine


フリーはGPファイナル、欧州選手権と同じプログラム構成。いくつか小さなミスはあったものの、観る者を魅了する素晴らしい演技。


今シーズンはGPファイナル優勝、欧州選手権優勝、世界選手権優勝とトゥクタムィシェワが圧倒的な強さを見せつけたシーズンだった。これもひとえに彼女の努力と信念の賜物。これまで他のロシア勢が活躍する姿を見て、悔しい思いをして来ただけに、喜びもひとしおだろう。


ショートでは他の選手が2Aを跳ぶところで3Aを跳ぶメリットはかなり大きい、トリプルアクセルにさらに磨きを掛けて、来シーズンのプログラムではショート/フリーで1回ずつ3Aを入れて更なる高みを目指してもらいたい。

| | コメント (0)

2015/03/27

トゥクタミシェワがトリプルアクセルに成功!@2015年世界選手権

上海で開催されている2015年ISU世界フィギュアスケート選手権大会の女子ショートプログラムで、ロシアのエリザヴェータ・トゥクタミシェワ(トゥクタムィシェワ)がトリプルアクセルに成功!!


ISUの公式大会でトリプルアクセルを成功させた女子選手は、伊藤みどり、トーニャ・ハーディング(USA)、中野友加里、リュドミラ・ネリディナ(ロシア)、浅田真央に次いで6人目。


練習をしていると聞いていたので、もしかして世界選手権のSPで跳ぶのかなと期待していたのだが、素晴らしいトリプルアクセルでした。基礎点8.50にGOE+1.57で10.07点。

(→結果詳細「たーさんの気になるBLOG


後半には3T+3Tも決めて、TESはなんと「44.09points」!
SPのTESでこんなに高い点数を出した選手は近年では記憶になく、2010年のバンクーバーオリンピックでキムヨナが出した「44.70points」以来ではないか。


インタビューでは、「フィギュアスケートは常に進化すべき」、「男子が4回転を3本入れる時代になったので、これからは女子もトリプルアクセルを跳ぶ時代になる」と語っていた。まさにその通りで、そうあって欲しい。


ただし、フリーではトリプルアクセルを入れるリスクが高いので、欧州選手権と同じプログラム構成にして来ると思います。それで十分優勝できます。


<追伸>
またもやあからさまに公正を欠くジャッジが若干いるみたい。
・トゥクタミシェワの3Lzに「-1」を付けた。(他は+2か+3)
・トゥクタミシェワのPCSが全て7点台。(他はほぼ8点台)
・本郷理華のPCSが5点台四つと4点台一つ。
などなど

| | コメント (0)

2015/03/18

猛烈な太陽嵐発生、電力網や衛星に障害の恐れ(2015年3月18日)

AFP通信ニュースより

米海洋大気局(NOAA)は17日、先週末に2回連続で起きた太陽表面での爆発現象「太陽フレア」により強烈な磁気嵐が発生し、地球上の電力網や通信網に障害が生じる恐れがあると発表した。

今回の磁気嵐は、強度を5段階で示すNOAAスケールで2番目に強い「G4」レベルとされている。G4レベルの磁気嵐は「広範囲に電圧制御問題を引き起こしたり、一部の保護システムに誤作動を生じさせ主要資産が電力網から遮断される事態を起こしたりする可能性がある」という。今回の磁気嵐は24~36時間継続するとみられている。

当局によると、すでに米国のアラスカ、ミネソタ、ウィスコンシン、ワシントン、ノースダコタ、サウスダコタの各州の住民からはオーロラが観測されたとの報告が寄せられており、欧州でも今回の磁気嵐によるオーロラが日没までに見られる見込みという。

今回の爆発の力で放たれた衝撃波は、地球を直撃ではなく、かすめる程度のものだった。だが、磁気嵐の強度と移動速度は予想をはるかに上回ったと、宇宙気象予報センター主席予報官のボブ・ラトリッジ氏は指摘している。

NASAによると、太陽フレアのX線クラスは「X2」とのこと。

| | コメント (0)

2015/03/16

エマがムラサキに!Σ(゚ロ゚;)@『マッサン』

NHK連続テレビ小説『マッサン』、今日2015年3月16日放送の第24週第139話より、エマの役者が優希美青から木南晴夏に代わっていました。


第23週ではエマは22歳、今週から25歳なのですが、役者の変更は年齢的な問題でしょうか?


優希美青は体調不良が原因で2015年1月中旬より活動を休止しています。マッサンの撮影もきりの良いところで降板した可能性が高いです。今後エマがメインになる週はなさそうなので、さほど影響はないのかもしれません。


ちなみに、玉山鉄二34歳、シャーロット・ケイト・フォックス29歳、木南晴夏29歳。母と娘(養女)は同い年。

| | コメント (0)

2015/03/14

武田玲奈TV初CM@神獄のヴァルハラゲート「ひとりにさせない」篇

武田玲奈、テレビCM初出演!!
神獄のヴァルハラゲート「ひとりにさせない」篇【GREE TVCM】


| | コメント (0)

2015/03/13

マリオ・フリットリ氏は嘘つき@キッチンが走る!

2015年3月13日NHK『キッチンが走る!SP』
「異文化の出会いで日本の味再発見!」


オープニングトークでイタリア料理のシェフ、マリオ・フリットリ氏は「私が24年前日本に来たとき、エスプレッソ、カプチーノ誰も知らなかったよ!パスタ、アルデンテ、オリーブオイルも.....」などと語っていた。


マリオ、日本人なめんなよ!!


24年前というと1991年だよね。東麻布「イル・ピノーロ」総料理長として来日したとき。
1980年代後半から日本では「イタ飯」ブームが起きていた。イタリアンレストランがあちこちに出来て、それでマリオも日本に呼ばれたんだろ。


Wikipediaによると、雑誌「Hanako」が1990年春に紹介したのが「ティラミス」のメディア初登場らしい。


マリオが辻調理師専門学校の講師として初めて日本に来た1987年であれば、カプチーノ、アルデンテなどは知らない人が多かったかもしれないけど.....。

| | コメント (0)

2015/03/11

2015年3月11日、Yahoo!で「3.11」と検索するとひとりにつき10円が寄付される

2015年3月11日、ヤフーで「3.11」と検索してみてください。「3.11」というキーワードで検索された方おひとりにつき10円が、Yahoo!検索から被災地の復興にたずさわる団体に寄付されます。

2011年3月11日も、何かをしたくて検索しました。身を守りたい、誰かの力になりたい。

あれから4年、私たちは今日も何かをしたくて検索します。少しでもいいから被災地を知りたい、応援したい。

そんな想いの検索を力に。


これ、Yahoo!Japanだけみたい。
本当に一人あたり10円寄付するのか、被災地の復興にたずさわる団体ってどこなのか疑問だけど、「3.11」で検索してみた。1千万人が検索して、1億円くらい寄付してもらいたい。

| | コメント (0)

2015/03/06

『マッサン』で歌われる「蛍の光」と「オールド・ラング・サイン」

2014年後期NHK連続テレビ小説『マッサン』では、エリーの故郷がスコットランドということもあり、スコットランド民謡やそれを原曲とする日本の歌が歌われています。


第21週~22週では、一馬の出征にあたり、「蛍の光」とその原曲である「オールド・ラング・サイン(Auld Lang Syne)」を歌うシーンが度々登場します。


「蛍の光」には普段歌われない3番と4番があって、愛国主義の思想が色濃く詞に表れています。
以下Wikipedia「蛍の光」より
 3番
 筑紫の極み、陸の奥、
 海山遠く、隔つとも、
 その真心は、隔て無く、
 一つに尽くせ、国の為。

 4番
 千島の奥も、沖繩も、
 八洲の内の、護りなり、
 至らん国に、勲しく、
 努めよ我が兄、恙無く。


なので、エリーとエマは「蛍の光」を嫌い「オールド・ラング・サイン」を歌ったのだと思われますが、そんなこと説明してくれないと視聴者はわからないよね。1番と2番を聴く限りでは、「蛍の光」でなにも問題ないと思うのだが。


「蛍の光」には2番に「さきくとばかり うとうなり」という歌詞があり、「さきく」とは「無事で」という意味であり、「無事に帰って来て欲しい」という想いが込められています。単なる別れの歌ではありません。


第22週3月4日放送の第129話では、エマが一馬を想いながら一人で「オールド・ラング・サイン」をオルガンで弾いていました。
ハナが「蛍の光だねぇ」と言うと、エリーは「違う。エマが弾いてるのはオールド・ラング・ザイン。スコットランドでは親しい人との再会を祝う歌。一馬に必ず生きて帰って来て欲しい。また逢いたいと願ってる。」と言っていたけど.....


以下Wikipedia「オールド・ラング・サイン」によると、
「この歌詞は、旧友と再会し、思い出話をしつつ酒を酌み交わすといった内容である。」


エマが一馬のことを想って弾く曲にふさわしいとは思えない。


ちなみにこんな歌詞です。
 旧友は忘れていくものなのだろうか、
 古き昔も心から消え果てるものなのだろうか。

 友よ、古き昔のために、
 親愛のこの一杯を飲み干そうではないか。

 我らは互いに杯を手にし、いままさに、
 古き昔のため、親愛のこの一杯を飲まんとしている。
 .....(つづく)


脚本もしくは演出の意図として、どうしてもスコットランド民謡を歌わせたいという狙いがあるように思えるが、「麦畑の歌」同様に、無理やり感が否めない。


<追伸>
スコットランド在住の方に質問したところ、出征の際には「オールド・ラング・サイン」は歌わないであろうという回答でした。一般的には新年を迎えるときやパーティーの締めに歌われるそうです。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »