« 2016年スケートアメリカ3位三原舞依が抱える病気「若年性特発性関節炎」について | トップページ | 本田真凛ではなく本田真凜 »

2016/10/31

2016年スケートカナダで宮原知子のステップはなぜ0点と判定されたのか

2016年グランプリシリース第2戦カナダ大会(スケートカナダ)フリースケーティングにおいて、宮原知子のステップ・シークェンスがレベルゼロ(無価値)と判定され0点でした。


以前の記事に書きましたが、2014年GPフランス大会で今井遥が同様に0点と判定されたのと同じミスのようです。


端的に言うと、ステップを行った距離が短い(範囲が狭い)ということで無価値と判断されたのだと思われます。


ISUテクニカルパネルハンドブック のステップ・シークェンスには以下のような記述があります。
「ステップ・シークェンスにはもはや要求されるパターンはないが、氷面を十分に活用していな ければならない。ステップ・シークェンスは目に見えて確認でき、氷面のほぼ全体を活用して 行われなければならず、短辺フェンスから短辺フェンスへの長さを 1 回(例えば、ストレート・ ライン、サーペンタインまたは類似の形状)または長辺フェンスから長辺フェンスへの幅を 2 回(例えば、サーキュラー(円、楕円)または類似の形状)活用しなければならない。上記が達成されない場合は無価値となる。


宮原知子がステップを開始した位置は、氷の下に描かれているISUマークよりもさらに内側であったように見えました。短辺フェンスからかなり離れた位置から開始したことで、氷面を十分に活用していないとみなされたのでしょう。


上述の規定は本人もコーチも承知のはずですが、許容範囲であると思い込んでいたのかもしれません。


今後は直前のスピンが終わったら短辺フェンスの近くまで滑ってからステップを開始するか、スピンの位置をもっと短辺フェンス寄りにすべきだと思います。


サーキュラーで開始位置と終了位置が離れていて、ちゃんと円を描いていない選手もしばしば見られますが、それで無価値という判定を見た記憶がありません。ストレート・ ライン、サーペンタインは厳しく判定されて、サーキュラーに関しては甘いような気がします。


<2016.11.26 追伸>
宮原知子のステップはストレートラインまたはサーペンタインだと思っていましたが、有効と認められたNHK杯でのステップは「」のような形で、円形ではないものの長辺から長辺の幅を2回という条件を満たすサーキュラーの一種でした。


「サーキュラーで開始位置と終了位置が離れていて、ちゃんと円を描いていない選手もしばしば見られますが」
と書きましたが、円形や楕円形でなくとも、長辺フェンスから長辺フェンスへの幅を 2 回滑り、かつ氷面を十分に活用していれば有効と認められるようです。


続き→「ステップシークエンスの種類・形状について

|

« 2016年スケートアメリカ3位三原舞依が抱える病気「若年性特発性関節炎」について | トップページ | 本田真凛ではなく本田真凜 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2016年スケートアメリカ3位三原舞依が抱える病気「若年性特発性関節炎」について | トップページ | 本田真凛ではなく本田真凜 »