« 長洲未来がトリプルアクセル成功!@2017U.S. International | トップページ | 2017年全日本フィギュアスケート選手権のチケット高過ぎる!! »

2017/09/24

メドベージェワがルッツジャンプでエッジエラーを取られる@2017年オンドレイネペラトロフィー

2017年9月21日~23日に行われたオンドレイネペラトロフィー(Ondrej Nepela Trophy)は、エフゲニア・メドベージェワがSP/FS共に1位で優勝。2位は本郷理華。

SP 80.00点
FS 146.72点
TOTAL 226.72点

初戦からこの点数は素晴らしい。


フリーでは前半に2Aだけ跳び、三つのコンビネーションを含めた6個のジャンプを演技後半に跳びました。2Aは3番目の要素なので、3Aにする予定とかではなく、単に一番基礎点の低いジャンプを前半に跳んだということだと思われます。


ほぼ全ての要素で加点が付きましたが、唯一トリプルルッツだけはマイナス評価でした。8番目の要素、四つ目のジャンプ3Lzは、"e"(Wrong edge)判定のエッジエラーを取られています。手を挙げている場合ではないね。

基礎点6.60のところ、e判定で4.62となり、オーバーターンもあったのでGOEマイナス1.40で、結果3.22点しかもらえていません。


メドベージェワのルッツジャンプに関して、過去のプロトコルをざっと見てみました。ジュニア時代にはe判定を取られることがありました。2015-2016シーズンは一度もエッジエラーを取られていません。昨シーズンはほぼ全てアテンション(!)判定でした。


ルッツのエッジ矯正はずっと取り組んでいるのだと思いますが、なかなか直りきらないのかな。本来であればショートプログラムでも3Lzを入れたいはず。


エッジエラーがオリンピック優勝の障害になり得るかもしれません。


それと、今シーズンからステップシークェンスのレベル要件が変更されたことによるものか、ステップはレベル3でした。本郷理華はレベル4を取れています。

|

« 長洲未来がトリプルアクセル成功!@2017U.S. International | トップページ | 2017年全日本フィギュアスケート選手権のチケット高過ぎる!! »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長洲未来がトリプルアクセル成功!@2017U.S. International | トップページ | 2017年全日本フィギュアスケート選手権のチケット高過ぎる!! »