« 2017年全日本フィギュアスケート選手権のチケット高過ぎる!! | トップページ | 2017年ジュニアグランプリ女子は全7試合でロシア選手が優勝、ファイナル進出6名中5名がロシア »

2017/10/09

本田真凜は演技構成の予定表を適当に書いてる?

2017-2018シーズン、本田真凜の初戦(US Inter Classic)とジャパンオープンを見て、なにか変だなと思った。予定されていたジャンプと実際に跳んだジャンプが違うのだ。体調等により予定と異なるジャンプを跳ぶことはよくあるのだが、そういった類の変更ではない。

提出した演技構成の予定表を適当に書いているのではないかと思ってしまう。"適当に"はおおげさだけど、最初に作った予定表を更新(or訂正)せずに使っているのではなかろうか。


US Inter Classic のジャンプ構成(予定→実際)
3Lz → 3Lz
3F+3T → 3F+3T
2A+3T → 2A+3T
3Lz+2T+2Lo → 3F
3S → 3S
3Lo → 3Lo
2A → 2A+2T+2T


ジャパンオープンのジャンプ構成(予定→実際)
3Lz → 3Lz
3F+3T → 3F+3T
2A+3T → 2A+3T
3Lz+2T+2Lo → 3F
3S → 3S
3Lo → 3Lo
2A → 2A+1Lo+2S


◇「3Lz → 3F」について
ルッツを跳ぶところでフリップを跳んだらエッジエラーを取られても良さそうなものだが、ジャッジはフリップと判定しています。ジャンプの入り方がスリーターンからなのでフリップという判定なのかな?もしかしてプレス用の予定表が間違ってる?

二戦ともフリップを跳んでいるので、もともとフリップを跳ぶつもりだったと思われます。3Lzが得意という訳ではないので、昨シーズンはフリーで1回跳ぶだけでした。それがシニアに上がってすぐ、フリーに2回入れるとは考え難い。


◇三つ目のコンビネーションについて
ジャパンオープンだけ見た人は後半の3Fを失敗したから、最後の2Aにコンビネーションを付けたと思った人もいるかもしれません。しかしながら、US Interでは3Fをクリーンに跳んだにもかかわらずコンビネーションを付けませんでした。

昨シーズンの三つ目のコンビネーションは2A+2T+2Loで、今シーズンもそのつもりであったが、US Interでは酸欠状態や疲労もあって2A+2T+2Tにした。ジャパンオープンの 2A+1Lo+2Sは意図がよくわかりません。


◇まとめ
予定表に関しては以下のようなケースが考えられます。
A.あくまでも今シーズンの目標として提出した。
B.誤った演技構成を載せてしまい、それに気付かずにいる。
C.プレス用は間違っていて、正しい演技構成はオフィシャルに提出されている。 (プレス用とかあるのか知らないけど...)

|

« 2017年全日本フィギュアスケート選手権のチケット高過ぎる!! | トップページ | 2017年ジュニアグランプリ女子は全7試合でロシア選手が優勝、ファイナル進出6名中5名がロシア »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2017年全日本フィギュアスケート選手権のチケット高過ぎる!! | トップページ | 2017年ジュニアグランプリ女子は全7試合でロシア選手が優勝、ファイナル進出6名中5名がロシア »