« フィギュアスケート平昌オリンピック派遣女子選手選考基準 | トップページ | 2017年フィギュアスケート全日本選手権女子ショートプログラム滑走順 »

2017/12/13

羽生結弦のオリンピック出場内定を直ちに発表し、全日本選手権は欠場させるべき

右足関節外側じん帯を損傷した羽生結弦は、まだ氷上練習を再開できていないとのこと。


異例なことではあるが、日本スケート連盟は羽生結弦選手に平昌オリンピック派遣の内定を直ちに発表し、全日本選手権(12/21-24)は欠場させるべきだ。


羽生結弦が全日本選手権を欠場して困るのは、フジテレビと海外からの結弦オンリーファンくらいだろう。


スケート連盟が欠場を勧告することはできないだろうけど、羽生結弦が平昌オリンピック出場者に内定したと発表してしまえば、羽生サイドも全日本選手権の出場を考え直すのではなかろうか。


羽生結弦が平昌オリンピック派遣選手(優勝候補)の筆頭であることは誰しもが認める事実。仮に医師が出場OKと言っても、大事を取って全日本選手権は欠場して、平昌オリンピックに臨んでもらいたい。


.....とブログに書くだけでは仕方がないので、日本スケート連盟にメールして陳情します。
日本スケート連盟メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp


<12月18日追伸>
羽生結弦選手の全日本選手権欠場が発表されました。

|

« フィギュアスケート平昌オリンピック派遣女子選手選考基準 | トップページ | 2017年フィギュアスケート全日本選手権女子ショートプログラム滑走順 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィギュアスケート平昌オリンピック派遣女子選手選考基準 | トップページ | 2017年フィギュアスケート全日本選手権女子ショートプログラム滑走順 »