« 絶対王者羽生結弦が伝説になった日 | トップページ | ザギトワの演技構成(ジャンプ構成)批判について »

2018/02/22

女子ビッグエア岩渕麗楽4位、ゾイ・サドウスキー・シノット3位@平昌オリンピック

2018年2月22日平昌オリンピック女子ビッグエア決勝、
岩渕麗楽4位、入賞おめでとう!!

バックサイドダブルコーク1080決めたかったよね。
でも、16歳、はじめてのオリンピックでこの結果は素晴らしい。
これからも応援しています。

①キャブ900/ステイルフィッシュグラブ 79.75点
②バックサイドダブルコーク1080/ミュートグラブ 67.75点
③バックサイドダブルコーク1080/ミュートグラブ 37.00点

79.75点+67.75点=147.50点


Zoi Sadowski Synnott(ゾイ・サドウスキー・シノット)3位、銅メダルおめでとう!!
冬季オリンピックではニュージーランド二人目のメダリスト。

でっかいバックフリップが大好きです。本人も好きだよね、絶対。
スイッチバックサイド900も大きくてかっこ良かった。
昨年の世界選手権ではスロープスタイルで2位、今回はビッグエアで3位、大きな舞台で結果を残しており、これからも活躍を期待しています。

①ダブルバックフリップ/インディグラブ 65.50点
②スイッチバックサイド900/メランコリーグラブ 92.00点
③フロントサイドダブルコーク1080/ミュートグラブ 34.5点

65.50点+92.00点=157.50点


2022年北京オリンピックでは、この二人が表彰台に立って欲しいものです。

|

« 絶対王者羽生結弦が伝説になった日 | トップページ | ザギトワの演技構成(ジャンプ構成)批判について »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絶対王者羽生結弦が伝説になった日 | トップページ | ザギトワの演技構成(ジャンプ構成)批判について »