« 女子ビッグエア岩渕麗楽4位、ゾイ・サドウスキー・シノット3位@平昌オリンピック | トップページ | ザギトワの金メダルは欧州選手権のPCS爆上げが要因の一つ »

2018/02/25

ザギトワの演技構成(ジャンプ構成)批判について

平昌オリンピックで金メダルを獲ったことであらためて批判を浴びているアリーナ・ザギトワの演技(ジャンプ)構成。


ジュニアグランプリデビューとなった2016年8月のフランス大会以来、ショートプログラム、フリースケーティング共に演技後半に全てのジャンプを跳ぶという構成にしています。そんな演技構成できる選手がいるのかと衝撃を受けたことを今でも覚えています。ジュニアグランプリファイナルで優勝した頃から演技構成に対する批判が目立つようになりました。


ザギトワがジャンプだけに秀でた選手だったら、私も批判していたかもしれません。以前の記事にも書きましたが、ジュニア時代からスピンもステップも非常に上手く、要素の繋ぎも工夫されているので、ジャンプのない前半もジャンプの多い後半も魅力的な演技でした。これはシニアになっても同じ印象です。


否定派はショートもフリーも演技後半集中型のジャンプ構成はダメだと言う意見なのでしょうか?それともフリーだけに限ったことなのかな?


フリーだけダメという意見は、ショートの半分1分20秒は問題ないけど、フリーの半分2分間ではバランス悪いということ?1分と何秒までならば許容できる範囲なのか教えて欲しい。


アイスショーで2分間ジャンプを全く跳ばない演技をすることあるよね。それも否定するの?


また、今季のザギトワは後半にジャンプを3本跳んで、スピンを一つ入れて、ジャンプを4本跳ぶという構成です。ジャンプを5本続けて跳ぶ選手もいるけど、それは良くてこれはダメなの?


そもそも、もしザギトワの演技構成に否定的なジャッジがいたら、PCSのCompositionで極端に低い点数を付けるべきだと思うけど、ジュニア時代からこれまでそのようなジャッジは一人もいません。

.....いや一人だけいました。2017年12月グランプリファイナルの8番ジャッジ、イタリアのPaolo PIZZOCARI氏。ただし、この人はジュニアグランプリファイナルでもジャッジを務めているのですが、全てのジャンプを後半に跳ぶアリョーナ・コストルナヤとダリア・パネンコワには普通に採点しています。ジュニアは良くて、シニアはダメという考えなのか。それもおかしな話。


関係者の話として、ISUの総会でルール改正を提案するというニュース記事を見たが、本当だろうか?ほぼ全てのジャッジが正当な評価をしているのに、ルール改正とかありえないでしょ。

|

« 女子ビッグエア岩渕麗楽4位、ゾイ・サドウスキー・シノット3位@平昌オリンピック | トップページ | ザギトワの金メダルは欧州選手権のPCS爆上げが要因の一つ »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女子ビッグエア岩渕麗楽4位、ゾイ・サドウスキー・シノット3位@平昌オリンピック | トップページ | ザギトワの金メダルは欧州選手権のPCS爆上げが要因の一つ »