« 台風が子供を産む@2018年台風19号 | トップページ | 動画ソーシャルアプリ「TikTok」のセキュリティが怪しい »

2018/08/24

2018年8月24日0時55分神戸市に避難指示

台風20号による大雨の影響で、2018年8月24日0時55分に、兵庫県神戸市全体の土砂災害警戒区域に避難指示が出されました。対象者は約10万人とされています。


神戸市HPより(緊急速報も同じ文面)
神戸市内に土砂災害警戒情報及び記録的短時間大雨情報が発表されました。
本日0時55分、全市の土砂災害警戒区域に対して発令している避難勧告を、避難指示(緊急)に引き上げます。
土砂災害警戒区域にお住まいの方は、速やかに、自宅の山と反対側の2階以上の部屋に移動するなど、屋内で身を守る行動をとってください。


誰もが「えっ!こんな時間に避難指示!?」と思ったに違いありません。
レーダーによる降雨状況では1時間に50~80mmの豪雨となっており、風速も10m/sある中で、安全に緊急避難所まで行けるの!?

.....と思ったら、「屋内で身を守る行動をとってください」と明記されていた。土砂災害が起きる可能性が高いけれど、外には逃げずに、家の中で安全な場所に移動してくださいということか。


21時から24時は風速17~20m/sという暴風雨が吹き荒れていたので、この時間帯に避難指示を出すのは危険であるという判断はわからないでもない。ただ、このような屋内避難の内容であれば、もっと早くても良かったのではないか。


深刻に危険な場所に住んでいる人は避難勧告の時点で避難していて、土砂災害による人的被害がないことを祈るばかりです。

|

« 台風が子供を産む@2018年台風19号 | トップページ | 動画ソーシャルアプリ「TikTok」のセキュリティが怪しい »

天気・気象・天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台風が子供を産む@2018年台風19号 | トップページ | 動画ソーシャルアプリ「TikTok」のセキュリティが怪しい »