« 「知らない人」実在の事件をネタにするのは如何なものか@最恐映像ノンストップ6 | トップページ | 台風が子供を産む@2018年台風19号 »

2018/08/21

新たなジャンプ記号「Eu」オイラーについて@フィギュアスケート

2018年ISUルール改正により、新しいジャンプ記号「Eu」(Euler/オイラー)が採用されることになりました。


これまでハーフループとかシングルループと呼ばれてきた、コンビネーションの繋ぎに使われるジャンプは、2018-2019シーズンより公式には「オイラー」と呼ばれ、ジャンプ記号は「1Eu」という表記になります。ちなみに、2Eu以上はありません。


例)
3F+1Lo+3S → 3F+1Eu+3S


ざっと調べたところ、欧米では「Half Loop」の別称で「Euler」が使われることがあるみたいです。日本では知識としてそのことを知っている人はいても、「オイラー」と呼ぶ人はこれまでいなかったのではないかと思われます。


気になるのはテレビの解説でも「オイラー」と呼ぶのか否か?
昨シーズンまで「トリプルフリップ、シングルループ、トリプルサルコウ」と言っていたコンビネーションジャンプは、今シーズンからは「トリプルフリップ、シングルオイラー、トリプルサルコウ」と言うのだろうか?

初めて聞く人は「オイラーって何?」ってなるよね。

他のルール改正と合わせて、番組冒頭で説明するのかな?


<追伸その1>
ISUジュニアグランプリ公式YouTubeの解説をしているカナダのTedBartonさんは、開幕戦では単に「オイラー」と呼んでいました。2Eu以上は存在しないので、記号上は「1Eu」でも「シングルオイラー」とは言わないのでしょう。


<追伸その2>
9月29日にBS朝日で放送されたジュニアグランプリシリーズでは、鈴木明子は「オイラーからの」と言っていました。「からの」いる?と思いましたが、そのフレーズが好きなようです。なお、オイラーの説明はありませんでした。早送りしながら見たので、途中で触れているかもしれませんが。


<追伸その3>
10月6日に放送されたジャパンオープン2018では、八木沼純子は「シングルオイラー」と呼んでいました。三者三様ですね。シングルオイラーでもいいけれど、オイラーの動作が一瞬なので、発声する時間を考えると、単に「オイラー」の方が良いかなという気がします。
オイラーの説明は最初のオイラーのときではなく、三回目(織田信成)のときに、アナウンサーに振られて簡潔に述べていました。

|

« 「知らない人」実在の事件をネタにするのは如何なものか@最恐映像ノンストップ6 | トップページ | 台風が子供を産む@2018年台風19号 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「知らない人」実在の事件をネタにするのは如何なものか@最恐映像ノンストップ6 | トップページ | 台風が子供を産む@2018年台風19号 »