« 紀平梨花が3A+3T, 3Aに成功し優勝@2018オンドレイネペラトロフィー | トップページ | アレクサンドラ・トゥルソワが4回転ルッツに成功@2018年ジュニアグランプリ »

2018/09/29

ルール変更も関係なしのザギトワ、238点で優勝@2018年ネーベルホルントロフィー

2018年9月26日~29日開催のネーベルホルントロフィー女子はアリーナ・ザギトワが優勝。SP79.93点、FS158.50点、TOTAL238.43点。


ザギトワの演技構成が問題視され、今シーズンから後半のジャンプ1.1倍が最後の三つのジャンプだけに変更されましたが、そんなのおかまいなしに圧倒的に強い。


タイトルには「ルール変更も関係なし」と書きましたが、後半ジャンプ1.1倍が変更された一方で、GOEが-5から+5の11段階評価になり、質の良い要素にはより高い得点が与えられるようになりました。もともとジャンプ、スピン、ステップ全てにおいて優れていたザギトワは、ほとんどがGOE3から4の評価で昨シーズンと同程度の点数を得ています。


昨シーズンのフリーのプログラムはジュニア時代からの持ち越しで若干の見飽きた感がありましたが、新プログラム「カルメン」は少し大人びたザギトワを見ることができ、良いプログラムだと思います。


2位は三原舞依。
SP70.94点、FS138.28点、TOTAL209.22点。
とても良いスタートになりました。彼女はスケートが伸びやかで、美しい演技だなといつも思います。要素の繋ぎも工夫されていたし、PCSがもう少し高くても良さそうなものだが。


3位はベルギーのルナ・ヘンドリックス。
SP71.50点、FS132.66点、TOTAL204.16点。
私自身これまで全く注目していなかったのですが、非常に良い演技でした。


本田真凜は6位と残念な結果になってしまいました。
SP56.66点、FS122.23点、TOTAL178.89点。
アメリカに行ったことは良い決断だったと思いますが、まだ伸び悩んでいる最中という印象です。

|

« 紀平梨花が3A+3T, 3Aに成功し優勝@2018オンドレイネペラトロフィー | トップページ | アレクサンドラ・トゥルソワが4回転ルッツに成功@2018年ジュニアグランプリ »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紀平梨花が3A+3T, 3Aに成功し優勝@2018オンドレイネペラトロフィー | トップページ | アレクサンドラ・トゥルソワが4回転ルッツに成功@2018年ジュニアグランプリ »