フィギュアスケート

2018/10/19

2018年ISUフィギュアスケートグランプリ開幕~スケジュールと日本出場選手

2018年ISUフィギュアスケートグランプリシリーズ開幕


2018年10月19日-21日
①スケートアメリカ(エバレット /USA)
 宮原知子, 坂本花織, 本田真凜

2018年10月26日-28日
②スケートカナダ(ラヴァル /カナダ)
 宇野昌磨, 友野一希
 樋口新葉, 山下真瑚, 松田悠良

2018年11月2日-4日
③ISU GP of Figure Skating Helsinki
(ヘルシンキ /フィンランド)
 羽生結弦, 田中刑事
 坂本花織, 本郷理華, 白岩優奈
 須崎海羽/木原龍一

2018年11月9日-11日
④NHK杯(広島 /日本)
 宇野昌磨, 佐藤洸彬, 山本草太
 宮原知子, 三原舞依, 紀平梨花
 須崎海羽/木原龍一
 小松原美里/ティモシー・コレト

2018年11月16日-18日
➄ロステレコムカップ(モスクワ /ロシア)
 羽生結弦, 友野一希
 樋口新葉, 山下真瑚, 松田悠良
 小松原美里/ティモシー・コレト

2018年11月23日-25日
⑥フランス国際(グルノーブル /フランス)
 田中刑事
 三原舞依, 紀平梨花, 本田真凜


2018年12月6日-9日
シニア&ジュニア グランプリ・ファイナル(バンクーバー /カナダ)


今シーズンは中国が辞退したためカップオブチャイナは開催されず、その代わりに第3戦はフィンランドのヘルシンキで行われます。来年以降は未定だからか、特別な名称は付与されていません。

| | コメント (0)

2018/10/13

アレクサンドラ・トゥルソワが4回転ルッツに成功@2018年ジュニアグランプリ

2018年10月12日、アルメニアで行われたISUジュニアグランプリ第7戦女子フリースケーティングにて、ロシアのアレクサンドラ・トゥルソワが女子では史上初となる4回転ルッツに成功。着氷後わずかにバランスを崩しましたが、4回転回っていると認められています。


今年3月の世界ジュニアで、4回転サルコウと4回転トウループに成功したトゥルソワ。今シーズンは4回転ルッツに挑戦しており、初戦のリトアニア大会ではアンダーローテーション判定でした。この大会では4Lzの他、4Tと4T+3Tにも挑戦し、4Tでは転倒、4T+3Tは決めています。


アルメニア大会では、史上初の4Lzに集中するためなのか、4回転は1本にしています。4LzはGOE±0だったものの、他の要素はほぼ全てGOE+3~+4と高評価で、フリーの得点は146.81点。SP 74.19点、TOTAL221.00点で、2位に30点以上の差を付けて優勝。ファイナル進出も成績トップで確定。


今シーズンのプログラムは、SPが「キル・ビル」、FSが「フィフス・エレメント」で、どちらも実にかっこいい。演技はジャンプ前の動作や要素のつなぎが巧みに工夫されていて、見応えがあるというか見ていてワクワクします。

スピンでも工夫されていて、足換えのコンビネーションスピンで、ジャンプして足を換えるところなど超クール。一挙手一投足から目が離せなくて、演技時間があっという間に感じる。


4回転何本入れるかも含めて、今後が非常に楽しみです。

| | コメント (0)

2018/09/29

ルール変更も関係なしのザギトワ、238点で優勝@2018年ネーベルホルントロフィー

2018年9月26日~29日開催のネーベルホルントロフィー女子はアリーナ・ザギトワが優勝。SP79.93点、FS158.50点、TOTAL238.43点。


ザギトワの演技構成が問題視され、今シーズンから後半のジャンプ1.1倍が最後の三つのジャンプだけに変更されましたが、そんなのおかまいなしに圧倒的に強い。


タイトルには「ルール変更も関係なし」と書きましたが、後半ジャンプ1.1倍が変更された一方で、GOEが-5から+5の11段階評価になり、質の良い要素にはより高い得点が与えられるようになりました。もともとジャンプ、スピン、ステップ全てにおいて優れていたザギトワは、ほとんどがGOE3から4の評価で昨シーズンと同程度の点数を得ています。


昨シーズンのフリーのプログラムはジュニア時代からの持ち越しで若干の見飽きた感がありましたが、新プログラム「カルメン」は少し大人びたザギトワを見ることができ、良いプログラムだと思います。


2位は三原舞依。
SP70.94点、FS138.28点、TOTAL209.22点。
とても良いスタートになりました。彼女はスケートが伸びやかで、美しい演技だなといつも思います。要素の繋ぎも工夫されていたし、PCSがもう少し高くても良さそうなものだが。


3位はベルギーのルナ・ヘンドリックス。
SP71.50点、FS132.66点、TOTAL204.16点。
私自身これまで全く注目していなかったのですが、非常に良い演技でした。


本田真凜は6位と残念な結果になってしまいました。
SP56.66点、FS122.23点、TOTAL178.89点。
アメリカに行ったことは良い決断だったと思いますが、まだ伸び悩んでいる最中という印象です。

| | コメント (0)

2018/09/23

紀平梨花が3A+3T, 3Aに成功し優勝@2018オンドレイネペラトロフィー

2018年9月22日、スロバキアで開催されたオンドレイネペラトロフィー女子フリースケーティングにて、トリプルアクセル+トリプルトウループ、トリプルアクセルに成功し優勝。


FS147.37点+SP70.79点=TOTAL218.16点


ショートプログラムでも3Aに挑戦しましたが、惜しくも転倒。ただし3回転半回っていると判定され、基礎点8.00からのGOEマイナス5評価で-4.00点、結果4.00点となっています。

SPでのトリプルアクセルはリスクが高いと言われますが、回転不足がなければ、転倒しても4点もらえるので、ダブルアクセルのGOEプラス2評価(3.30+0.66=3.96点)とほぼ同じ点数になります。


三つのジャンプの内、一つはアクセルジャンプを跳ばなければならないショートプログラムにおいて、トリプルアクセルを跳べるのは大きな強みです。


練習でも綺麗に決めていましたし、今シーズンの紀平梨花はトリプルアクセルにかなりの自信を持っているのだと思います。また、ジャンプだけでなく、スピン、ステップでも高い評価を得ています。


ショートは3Aが成功すれば77~78点程度まで伸びるだろうし、フリーで150点オーバーも狙えます。


まだシーズン始まったばかりですが、グランプリシリーズ優勝、全日本選手権優勝を期待しています。

| | コメント (0)

2018/08/21

新たなジャンプ記号「Eu」オイラーについて@フィギュアスケート

2018年ISUルール改正により、新しいジャンプ記号「Eu」(Euler/オイラー)が採用されることになりました。


これまでハーフループとかシングルループと呼ばれてきた、コンビネーションの繋ぎに使われるジャンプは、2018-2019シーズンより公式には「オイラー」と呼ばれ、ジャンプ記号は「1Eu」という表記になります。ちなみに、2Eu以上はありません。


例)
3F+1Lo+3S → 3F+1Eu+3S


ざっと調べたところ、欧米では「Half Loop」の別称で「Euler」が使われることがあるみたいです。日本では知識としてそのことを知っている人はいても、「オイラー」と呼ぶ人はこれまでいなかったのではないかと思われます。


気になるのはテレビの解説でも「オイラー」と呼ぶのか否か?
昨シーズンまで「トリプルフリップ、シングルループ、トリプルサルコウ」と言っていたコンビネーションジャンプは、今シーズンからは「トリプルフリップ、シングルオイラー、トリプルサルコウ」と言うのだろうか?

初めて聞く人は「オイラーって何?」ってなるよね。

他のルール改正と合わせて、番組冒頭で説明するのかな?


<追伸その1>
ISUジュニアグランプリ公式YouTubeの解説をしているカナダのTedBartonさんは、開幕戦では単に「オイラー」と呼んでいました。2Eu以上は存在しないので、記号上は「1Eu」でも「シングルオイラー」とは言わないのでしょう。


<追伸その2>
9月29日にBS朝日で放送されたジュニアグランプリシリーズでは、鈴木明子は「オイラーからの」と言っていました。「からの」いる?と思いましたが、そのフレーズが好きなようです。なお、オイラーの説明はありませんでした。早送りしながら見たので、途中で触れているかもしれませんが。


<追伸その3>
10月6日に放送されたジャパンオープン2018では、八木沼純子は「シングルオイラー」と呼んでいました。三者三様ですね。シングルオイラーでもいいけれど、オイラーの動作が一瞬なので、発声する時間を考えると、単に「オイラー」の方が良いかなという気がします。
オイラーの説明は最初のオイラーのときではなく、三回目(織田信成)のときに、アナウンサーに振られて簡潔に述べていました。

| | コメント (0)

2018/08/13

吉田陽菜12歳がトリプルアクセルに成功@げんさんサマーカップ2018

2018年8月12日、げんさんサマーカップ2018フィギュアスケート競技会Jr7級女子フリースケーティングにおいて、吉田陽菜選手(12歳/名東FSC)がトリプルアクセルに成功。


吉田陽菜(よしだはな)選手は2017年全日本ノービス優勝、全日本ジュニア8位と次世代のエースです。


先日アメリカの12歳アリサ・リウ選手が国際大会で成功したばかりですが、日本も負けていませんね。


2018年のルール改正でトリプルアクセルの基礎点が引き下げられた(8.5→8.0)ため、女子では新たに挑戦する選手がいなくなるかもと危惧していたのですが、杞憂となりそうです。

| | コメント (0)

2018/08/03

アメリカの12歳アリサ・リウがトリプルアクセル成功@アジアフィギュア杯

2018年8月2日、アジアフィギュア杯アドバンスド・ノービス女子フリースケーティングにおいて、アメリカのアリサ・リウ選手(Alysa Liu/12歳)がトリプルアクセルに成功。女子9人目で史上最年少。


演技冒頭のコンビネーションジャンプで3A+2Tをクリーンに決め、次のジャンプでも3Aに挑みましたがわずかに回転が足りずに転倒。ショート、フリー共に1位で、2位に10点の差を付けて優勝しました。


アジアフィギュア杯(Asian Open Figure Skating Trophy)は、2018年より国際スケート連盟によるISUチャレンジャーシリーズに組み込まれています。

| | コメント (0)

2018/03/26

STARS ON ICE 2018 のスケジュールおかしいよ →フィギュアスケート選手を酷使

今年はフィギュアスケート国別対抗戦がないので良い年だなぁと思っていたら、同じような時期にアイスショーを開催するんだね。酷い話だ。


木下グループpresents THE LEGENDS ~Medal Winners Gala
2018年3月30日 東和薬品RACTABドーム(大阪府)

木下グループpresents STARS ON ICE JAPAN TOUR
2018年3月31日~4月1日 東和薬品RACTABドーム(大阪府)
2018年4月6日~8日 横浜アリーナ(神奈川県)


2月に平昌オリンピックを戦い、ミラノで行われた世界選手権に出場した選手が一週間後に日本のアイスショーに出るってどうなのよ。このスケジュールおかしいでしょ。

アリーナ・ザギトワ
ケイトリン・オズモンド
ネイサン・チェン
宮原知子
宇野昌磨
田中刑事
村元哉中&クリス・リード

これらの選手抜きでやってくれないか。相当疲労が蓄積していると思うし、程度は別にして負傷している選手もいるだろうし。前にも書いたけど、世界選手権が終わったら、少し休ませてあげようよ。


選手にとっては、収入になるし、喜ばしいことなの?応援してくれている日本のファンに感謝したいという気持ちもあるのだろうけど、この時期じゃなくてもいいだろうに。


諸悪の根源は木下グループなのか、それとも日本スケート連盟か。

| | コメント (0)

2018/03/11

アレクサンドラ・トゥルソワが4回転サルコウと4回転トウループに成功@2018年世界ジュニア選手権

今シーズン、ジュニアグランプリ初戦から4回転サルコウに挑戦していたアレクサンドラ・トゥルソワ(13歳/ロシア)、2018年世界ジュニアフィギュアスケート選手権でついに成功!


さらに女子初となる4回転トウループにも成功!!


昨年8月26日の記事で、「今シーズン中にクリーンな4回転サルコウを見られるかもしれません」と書きましたが、シーズンの最後にやってくれました。しかも4回転トウループまで跳ぶとは驚愕です。


2018年1月25日のロシアジュニア選手権では、フリースケーティングに4Tを入れておらず、ジュニアグランプリと同じプログラムでした。世界ジュニアでは4Tを入れることで、コンビネーションの一つを3F+1Lo+3Sにしています。6週間程度で、4回転ジャンプを2本入れるプログラムに仕上げたということだろうか。


4Sだけでも十分優勝できるのに、これまで試合で跳んだことのない4Tまでプログラムに入れて来るとは.....。普通のコーチだったら、4Tは来期に入れましょうという話になりそうだけど。


ちなみに今年の世界ジュニア選手権男子で、2種類2本の4回転を跳んだ選手は一人だけです。


フリースケーティングの得点は 153.49点!!
昨年の世界ジュニアでザギトワが出した138.02点を大幅に更新してジュニア女子最高記録。TOTAL225.52点もジュニア女子最高記録。


フリースケーティングのTESはなんと 92.35点!!
平昌オリンピックで金メダルのザギトワが出した81.62点を10点以上オーバーしています。


<追伸>
2月下旬に行われたロシア国内大会「Russian Cup final」で、4Sと4Tを跳んでいました。このとき4Sは認められていますが、4Tは回転不足判定でした。

| | コメント (0)

2018/03/03

ザギトワの金メダルは欧州選手権のPCS爆上げが要因の一つ

アリーナ・ザギトワが優勝した平昌オリンピック。


1位と2位は接戦でメドベージェワとザギトワのどちらが金メダルでもおかしくない演技に見えました。しかしながら、スコアを見るとザギトワのPCS(演技構成点)が高過ぎるように感じます。


フリースケーティングのPCS
メドベージェワ : 77.47点
ザギトワ : 75.03点


ザギトワのPCSってこんなに高かったっけ?
過去にさかのぼって調べてみました。

Zagitovapcs1718a


12月9日のグランプリファイナルでは70.42点で、1月20日のヨーロッパ選手権では75.30点。わずか1か月で5点近く上昇。5項目の内訳を見ても、0.53点~0.68点も上がっています。


2017年3月のジュニア世界選手権から9月のロンバルディアトロフィーまでの6か月間で上昇した値と、グランプリファイナルから欧州選手権の1か月間で上昇した値がほぼ同じ。


フリーは昨シーズンと同じプログラムで、GOEやPCSを上げる練習を重ねて来たのでしょう。急成長している選手だし、練習期間が点数の上昇に比例するとまでは言わないが、一か月間でこの点数は異常な数値に思えます。


欧州選手権のPCS詳細を見てみます。

Eurochamp2017pcsaz


1番ジャッジ、2番ジャッジはクレイジーで、最低点を付けてる4番ジャッジが適切な点数のように感じます。総じて高い点数を付けているが、試合前に談合でもしているのだろうか?


この欧州選手権のPCSに引きずられるように、オリンピックでも高い点数になりました。


5項目の点数はオリンピックの男子で言うと、宇野昌磨と同程度です。宇野昌磨と同じレベルという評価は非常に違和感があります。


今のペースで点数が上がって行くと、来シーズン中にPCS5項目全て満点になるでしょう。


ザギトワの後半集中型ジャンプが問題視されており、ルール改正に向かうのではないかという報道もありますが、そんなことよりPCSの採点が適切に行われるよう改善してもらいたい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧