天気・気象・天文

2018/08/31

2018年台風21号今年最強の勢力に!豪雨長雨に警戒を!

2018年台風第21号(チェービー)は8月31日15時現在、マリアナ諸島付近にあり、中心気圧915hPa、中心付近の最大風速55m/s、時速25kmで西へ進んでいます。このあと進路を北西へ変えながら、905hPa程度の今年最強勢力まで発達する見込み。

まだ予報円が大きいですが、9月4日午後、四国から東海地方の辺りに上陸する見込み。


台風経路図(台風5日進路予報)~気象庁HPより
Typhoon201821_01


すでに大雨になっているところもありますが、南方からの湿った空気が流れ込んでいるため、特に前線の掛かる場所では豪雨・長雨に要注意です。台風の通過する9月5日頃までは、最大級の警戒をしてください。


9月1日9時予想天気図
Tenki201809010900


<9月5日追伸~記録として>
台風21号は9月4日12時頃、徳島県南部に上陸しました。上陸時の勢力は、中心気圧950hPa、中心付近の最大風速45m/s。「非常に強い」勢力で上陸したのは、1993年台風13号以来25年ぶり。

関空島で58.1m/s、和歌山で57.4m/sなど、進路周辺の各地で観測史上最大瞬間風速を記録。大阪湾では潮位329cm、神戸港では233cmと過去最高を記録。暴風と高潮による大きな被害をもたらした。

| | コメント (0)

2018/08/24

2018年8月24日0時55分神戸市に避難指示

台風20号による大雨の影響で、2018年8月24日0時55分に、兵庫県神戸市全体の土砂災害警戒区域に避難指示が出されました。対象者は約10万人とされています。


神戸市HPより(緊急速報も同じ文面)
神戸市内に土砂災害警戒情報及び記録的短時間大雨情報が発表されました。
本日0時55分、全市の土砂災害警戒区域に対して発令している避難勧告を、避難指示(緊急)に引き上げます。
土砂災害警戒区域にお住まいの方は、速やかに、自宅の山と反対側の2階以上の部屋に移動するなど、屋内で身を守る行動をとってください。


誰もが「えっ!こんな時間に避難指示!?」と思ったに違いありません。
レーダーによる降雨状況では1時間に50~80mmの豪雨となっており、風速も10m/sある中で、安全に緊急避難所まで行けるの!?

.....と思ったら、「屋内で身を守る行動をとってください」と明記されていた。土砂災害が起きる可能性が高いけれど、外には逃げずに、家の中で安全な場所に移動してくださいということか。


21時から24時は風速17~20m/sという暴風雨が吹き荒れていたので、この時間帯に避難指示を出すのは危険であるという判断はわからないでもない。ただ、このような屋内避難の内容であれば、もっと早くても良かったのではないか。


深刻に危険な場所に住んでいる人は避難勧告の時点で避難していて、土砂災害による人的被害がないことを祈るばかりです。

| | コメント (0)

2018/08/22

台風が子供を産む@2018年台風19号

2018年8月21日から22日にかけて、非常に強い勢力で奄美諸島を通過した台風19号。


8月22日9時頃にこの台風が子供を産みました。


2018年8月21日21時(気象庁HP実況天気図)
Tenki201808212100

2018年8月22日03時
Tenki201808220300

2018年8月22日06時
Tenki201808220600

2018年8月22日09時
Tenki201808220900


| | コメント (0)

2018/07/31

2018年7月台風12号は東から西へ異例の進路

備忘録です。

2018年台風12号は日本列島を東から西へ横断する(気象統計上)初めての台風となりました。

Typhoon201812_02


7月25日03時頃 発生、北東へ進む
7月28日03時頃 北緯30度の辺りで進路を西よりに変える
寒冷渦の影響で反時計回りの強い風に流される

7月29日01時頃 三重県伊勢市付近に上陸
7月29日17時頃 福岡県豊前市付近に再上陸
7月30日-31日 屋久島周辺を一周した後西へ


気象庁は「これまでの経験が通用しない可能性がある」と警告した。


大潮の時期であり、かつ台風の接近時刻と満潮時刻が重なった小田原から熱海にかけて、高潮・高波の被害が相次ぎました。


| | コメント (0)

2018/07/20

地鳴り?地響き?2018年7月20日@東京

本日、2018年7月20日16時頃、屋外に出たとき、地鳴りのような地響きのうようなものを感じた。音ではなく、空気が振動するするような感覚。時間にして30秒くらい。


地震かと思い調べてみたが、そうではなかった。ただ、地震の履歴を見ると、いまだに千葉や茨城で毎日~二日おきくらいに繰り返し地震が起きているんだね。


大きな地震の予兆でなければいいのだが。
念のため、備蓄を整えておくか。

| | コメント (0)

2018/01/26

2018年1月22日東京で大雪23cm

記録としてブログに書いておきます。


2018年1月22日、東京都心では11時頃から雪が降り始め、14時30分には東京地方に大雪警報が発表されました(23時50分に解除)。24時時点の積雪は23cm。


黒潮大蛇行の年は東京で大雪が降るというのは本当ですね。


南岸低気圧通過後、日本列島を猛烈な寒波が襲い、1月24日には東京23区では33年ぶりとなる低温注意報が発表されました。1月25日、東京の最低気温はマイナス4℃、練馬マイナス7℃。最高気温は東京4℃、練馬2.9℃。

| | コメント (0)

2017/10/18

2017年台風21号に最大級の警戒を!衆院選期日前投票推奨

2017年台風21号(ラン)は、10月18日0時現在、フィリピンの東にあり北東へゆっくり進んでいます。中心気圧は980hPa、中心付近の最大風速は30m/s。

今後、勢力を強めながら北上、20日には920hPa程度まで発達し、10月23日頃日本に接近・上陸する見込み。


気象庁10月18日0時45分発表 台風5日進路予報
Typhoon201721_a


衆議院選挙投票日の22日においては、沖縄の東海上(大東島のあたり)という予報なので、沖縄県や奄美諸島の方は期日前投票に行くべきだと思います。

また前線や台風からの湿った大気の流入により、九州・四国・本州でも22日に豪雨になる可能性があり、期日前投票に行くことをおすすめします。


今年の台風予測を見ていると、勢力MAX時の中心気圧は予測ほど下がらない傾向にありますが、「猛烈な」または「非常に強い」台風になるのは間違いなさそうです。今後の天気情報に注視して、台風には最大級の警戒を!


期日前投票を早めに終えて、台風や前線による豪雨・突風への備えを万全にしてください。

| | コメント (0)

2017/09/07

X9.3の大規模な太陽フレアが発生(2017年9月6日)

2017年9月6日21時頃、X9.3の大規模な太陽フレアが発生。


このクラスのフレアは、2006年12月5日(X9.0)以来11年ぶりのこと。


この現象に伴って地球方向へのコロナ質量放出が観測されており、9月8日の夜に地球へ到達する見込み。GPS衛星、通信衛星などの人工衛星の障害、送電線への影響などが懸念されます。


参照記事
→情報通信研究機構「通常の1000倍の大型太陽フレアを観測

宇宙天気ニュース

NOAA宇宙気象予報センター(磁気嵐情報)

| | コメント (0)

2016/08/21

2016年台風9号10号11号

2016年8月21日9時の予想天気図。

9号・10号・11号と三つの台風が日本近海にあるという異常な状態。

Typhoon201609_10_11_aa


11号は今夜にも北海道へ上陸する見込み。空知地方や上川地方では21日0時までの24時間で既に150mm以上の降雨を記録しています。北海道北部には停滞前線があり、台風の接近に伴い、長時間に渡り激しい雨が降ると予想されており、最大限の警戒が必要です。


9号と10号は21日9時の時点で、二つの台風が1000km以内に接近する予想で、「藤原の効果」が働くと思われます。このため、以下の進路予想図とは異なる複雑な動きを見せるかもしれません。

また、南から真北に向かって接近・上陸する台風は、同じ地域に長時間の激しい雨を降らせる可能性があるため、今後の進路に要注意です。


8月21日0時現在 台風進路予想図
Typhoon201609_10_11_bb


| | コメント (0)

2015/07/13

2015年台風11号の進路に最大限の注意を!!

2015年台風11号(ナンカー)は、7月13日0時現在、沖ノ鳥島近海にあり、ほとんど停滞しています。中心気圧は950hPa、中心付近の最大風速は40m/s。


今後、勢力を強めながら北上し、7月16日から17日にかけて西日本に接近・上陸する見込み。
進路が確定した訳ではありませんが、真南から北上して来る台風には最大限の注意が必要です。台風からの湿った大気が長時間流れ込み続けるので。


気象庁7月13日0時55分発表 台風5日進路予報
Typhoon201511_03


2011年台風12号の進路に似ており、この台風は紀伊半島に甚大な被害をもたらしています。

2011年8月30日記事「2011年台風12号の進路に注意!
2011年9月06日記事「台風接近上陸時は早急に県主導の災害対策本部を設置して対応すべき

Typhoon201112_11

| | コメント (0)

より以前の記事一覧