住まい・インテリア

2007/09/07

チャゴン飼いたい

我が家の寝室はあまり風が通らないので、春や秋の夜風が心地良い季節は風通しの良い北側の部屋で寝たいなと思ったりします。いちいち布団を引いて寝るのも面倒なので、折り畳みベッドでも買おうかな(来客用にもなるし)と思い、ネットでいろいろ探していたところ、非常に魅力的なモノを発見してしまいました。


 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓


Chagon01s
新生物ソファ・チャゴン


なんてかわいい生き物なんだ。
こういうオオサンショウウオみたいなの好きです。
こいつの背中やおなかの上で寝たいなぁ。


チャゴン飼いたいなぁ。飼っちゃおうかな。


なお、飼った場合、うちに泊まる来客者はチャゴンの上で寝ることになりますので、よろしく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/02/06

復活のデロンギ

デロンギが修理から戻って来ました!
電源コードの不具合だったようです。修理費用は約六千円也。

やっぱデロンギがあるとないじゃ暖かさが全然違う。
使えない間、エアコンをガンガンかけてたから、1月の電気代がすごいよ。

オレンジに光ってるランプが生きている証。
Delonghi02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/23

ついにデロンギも.....

我が家の冬の必需品。デロンギ・オイルヒーター。
乾燥しないし、輻射熱のじんわりとした温かさが気に入っています。

Delonghi01

昨夜、デロンギ付近から「ジュジュジュ.....」という異音がしたので、近寄って見るとコゲくさい。周囲のものがコゲちゃったのかなと思い確認したが、大丈夫だった。変だなと思いながらも放っておいたのだが、しばらくするとどうも寒い。デロンギを触ってみたら、すでに冷たくなっていた。

電源を入れなおしてみる。ダメだ。コンセントを入れなおしてみる。ダメだ。
タイマーをチェック。ちゃんと電源ONになっている。
イタタタタ.....。ついにデロンギも壊れたか。まぁ買って八年になるから仕方ないか。

しばらくはエアコンの暖房で我慢します。
今週末修理に出すが、修理費用が高額だったらどうしよう?

楽天で探したら、クレジットカードが使えるところで一番安いのは送料込みで 32,800円だった。買ったときは 48,000円くらいしたと思ったのだが、今はこんなに安いのか。修理費用が1万円以上だったら修理せずに買い換えた方がいいかな。


【送料無料】デロンギ オイルヒーターX字型フィン(4~10畳)D091549EF


【市場最安!】デロンギ オイルヒーター 4~10 畳用 D091549EF

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/01/21

お掃除ロボット「RoboMop」

以前から欲しかったロボモップをネットで購入しました。

ロボモップとは.....
「ロボモップ」は北欧ノルウェーで発明された、部屋の中を縦横無尽に動き回り、フローリング(その他、滑らかな床)を掃除してくれる画期的なお掃除ロボット。ロボティックボールが不規則な動きで動き回り、フレームに装着したダストシートが「埃」「髪の毛」「ダニ・ノミ」「糸クズ」等をしっかり吸着。機能面もさることながら、あっちに行ったりこっちに来たり、まるでペットに様な可愛い動きで微笑ましいのも人気の秘密。たちまちテレビ通販やネット通販で大ヒットし、年々ファンが急増している大人気お掃除ロボットです。
<RoboMop公式サイトより>

Robomop01

所詮オモチャじゃないかと思っていたのですが、ネットでの評価が高かったので、購入に踏み切りました。値段も4000円前後とさほど高くないし。

うちは和室以外はフローリングで段差もほとんどないので、ロボモップが各部屋を自由に動き回れます。動きを見ていると結構楽しい。しばらく放っておいてパソコンに向かっていると、いつのまにか戻ってきたりする。

ダストシートの集塵能力がいまひとつという評価もあったが、思ったよりホコリが取れていた。試しにクイックルワイパーのシートを貼り付けて走らせてみたが、集塵能力はさほど変わらなかった。シートの質の問題ではなく、上から押し付ける力が強くないと、クイックルワイパーと同等の集塵能力は得られないのだと思います。でもロボモップのフレームを重くすると、動きが悪くなってしまうので、今の組み合わせがやはりベストなのではないか。

送料安い!新型ロボモップ 専用替ダストシート20枚付




本格的なお掃除ロボット「ルンバ」もいいなぁ。
こちらは3機種あり約5~8万円。中位機種(ディスカバリー)と上位機種(スケジューラー)は、掃除が完了したり、バッテリー残量が少なくなったりすると、自分で充電台に戻るという賢い奴なのだ。さらに上位機種では、曜日時刻を指定することにより、フルオートでの掃除が可能。会社に行ってる間に掃除をしていてくれるというスグレモノ。欲しいけどオモチャ感覚で買うには高価すぎる。

iRobot ルンバ・レッド(5115)

iRobot ルンバ・ディスカバリー(5218)

iRobot ルンバ・スケジューラー(5510)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/22

ついに洗濯機をクリーニング

先日の記事で、自分で洗濯機の槽洗浄を行ったところ、いつまで経ってもカスが出てくると書きましたが、もう耐えられなくなり、プロの業者に依頼して、洗濯機のクリーニングを行いました。

クリーニング前と後の画像を撮っておくのだったと後悔しています。洗濯機は分解した後、洗浄します。市販の洗濯槽クリーナーで5回くらい洗浄したせいか、ステンレス槽・脱水槽はまぁまぁきれいでしたが、本体水槽はうす茶色のカスがびっしり付いていました。また、自前の槽洗浄では水が届かない槽上部や部品の継目などはカビで黒く汚れていたようです。分解→洗浄→組み立てと結構手間が掛かるので、所要時間は約3時間でした。

クリーニング後は見違えるようにきれいになりました。洗濯してもクズ取りネットにカスが出てきません。注水経路もきれいにしたからか、注水時の水の勢いが増しました。

業者の人に聞いたところ、市販のクリーナーで洗浄してもカスが取りきれず、私のようにどうしようもなくなって、プロのクリーニングをお願いする人が多いそうです。新品で購入して、1シーズンに1回程度の頻度で槽洗浄していれば、市販のクリーナーだけでもまかなえるかもしれませんが、数年経過してしまったら、市販のクリーナーは使わない方が良いと思います。

せっかくなのでエアコンのクリーニングもしてもらいました。併せ技で20,000円也。エアコンは本体カバー内部にカビが付着しており、使うのが嫌だったのですが、これで気兼ねなく使用することができます。フィンを洗浄する市販のクリーナーもありますが、噴射する液の水圧が低いので、汚れを取りきれないとのこと。3~4年に一回はプロにクリーニングしてもらった方が良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)