文化・芸術

2011/05/21

第二回日光東照宮で霊獣探し

先日、所用で日光へ行ったついでに東照宮にも行って来ました。


今回も霊獣探しが目的です。
雨が降っていたので、あまりじっくり見れなかったけれど、前回よりも多くの霊獣を見つけることが出来て満足です。「あんなところに!?」「こんなところにも!?」という発見があって新鮮でした。


では、怒涛の霊獣画像ラッシュ!
(クリックで拡大します)


飛龍
Nikko2011apr_01

「想像の象(上神庫)」の裏側の彫刻・・・左右に象
Nikko2011apr_04

獅子
Nikko2011apr_09

麒麟?
Nikko2011apr_10


Nikko2011apr_11


Nikko2011apr_12

鹿
Nikko2011apr_13a


Nikko2011apr_16


Nikko2011apr_17

トトロじゃなくてフクロウ?耳があるからミミズグかな?
Nikko2011apr_18

犀(サイ).....こんなところにも犀がいたのか
Nikko2011apr_19

獏?
Nikko2011apr_20

麒麟
Nikko2011apr_22


Nikko2011apr_24


Nikko2011apr_25


Nikko2011apr_26

獅子?
Nikko2011apr_30

獅子
Nikko2011apr_31


Nikko2011apr_32

獅子
Nikko2011apr_33

麒麟?
Nikko2011apr_34

麒麟?
Nikko2011apr_35


今度また、天気の良い日に時間をかけてじっくりと観察したいと思います。


※なお、霊獣に関しては、いつも以下のサイトを参考にさせて戴いております。
雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―


日光東照宮の建物や彫刻については、こちらに詳しく掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/12

京都へ霊獣探しの旅②~北野天満宮~

京都での最終日には鷹峯の源光庵、光悦寺、今宮神社、大徳寺とまわり、21の塔頭を擁する大徳寺では「たっちゅーの!」のポーズで写真を撮りたかったのですが、見知らぬ人に撮影を頼むのが恥ずかしくて断念。


そして、今回の目的の一つである北野天満宮に行きました。ここは菅原道真公が祀られている場所。重要文化財である三光門、および国宝である社殿に素敵な装飾が多くあります。


<<三光門>>
Kitano01


霊獣「獏」(木鼻)
Kitano_baku00


霊獣「唐獅子」
Kitano_shishi01


霊獣「犀(さい)」
Kitano_sai01


霊鳥「鳳凰」
Kitano_houou01


うさぎ
Kitano_usagi01




<<社殿(拝殿)>>
Kitano02



天満宮の神使「牛」
Kitano_ushi01_2


霊獣「獏」
Kitano_baku01
 
Kitano_baku02


珍しい霊獣「龍馬」
Kitano_ryuba01


霊獣「龍」
Kitano_ryu01


霊獣「麒麟」?
Kitano_kirin01


亀に乗った仙人?
Kitano_kame01



Kitano_tora02




ここは見るべき装飾が多くて小1時間くらいずっと見てました。掲載したもの以外にもたくさんの素晴らしい装飾が
あって楽しかったです。


源光庵
悟りの窓(丸い方)と迷いの窓(四角い方)
Kyouto07_satorimayoi


光悦寺
Kyouto07_kouetsuji01
 
Kyouto07_kouetsuji02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/10

京都へ霊獣探しの旅①~西本願寺唐門~

フィギュアの記事を書くのに追われて、なかなか旅行記を書けないでいましたが、ようやく落ち着いてきました。11月初旬に京都へ行った主な目的は「食」「包丁」「霊獣探し」の三つです。食と包丁に関しては既に書きました。いや、食はまだ残っているんだけど、それは後回しにして、今回は「霊獣探し」について書きたいと思います。


昨年11月に日光東照宮へ行った際に霊獣等の彫刻に興味を持ち、いろいろ調べているうちに日本各地にある霊獣の彫刻を見てみたいと思うようになりました。『雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―』というサイトの「分類別目録―霊獣・動物部―」のページを参考にさせていただいているのですが、京都の西本願寺唐門および北野天満宮に興味深い彫刻が多くあるようですので、今回はこの二箇所に行きました。


西本願寺は初めて行ったのですが、唐門は本堂の左側にあって、一度外に出て左側へ回り込まないと行けないので、見に来る人はさほど多くないようです。
Nishihonganji_map01


しかしながら、この装飾は非常に素晴らしい!西本願寺へ来て、唐門を見ないなんてもったいない。写真を撮りながら30分くらいずっと見てました。
Karamon01


(以下の写真はクリックすると拡大します。)


虎①
Karamon_tora01_2


虎②
Karamon_tora02



Karamon_hyou01


麒麟①
(これぞ麒麟という感じで素敵!)
Karamon_kirin01


麒麟②
Karamon_kirin02


唐獅子①
(ここは唐獅子の装飾が多いですが、色彩も綺麗だし細工も細やかでどれも素晴らしい)
Karamon_shishi01


唐獅子②
Karamon_shishi02


唐獅子③
(扉の格子にはそれぞれ違った形の唐獅子が飾られています)
Karamon_shishi03


孔雀
(中央上部にあり立体的で美しい)
Karamon_kujaku01


龍に乗った人(中国の軍師・張良だそうです)
Karamon_ryu01


京都まで見に来た甲斐がありました。国宝に指定されているだけあって、どれも見事な装飾。彫刻の見事さに日の暮れるのを忘れることから「日暮らし門」とも呼ばれているそうだが、まさにそんな感じ。


北野天満宮については別途書きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/21

The 43rd Merrie Monarch Hula Festival

今週ハワイ島ヒロで開催されているメリー・モナーク・フラ・フェスティバル。キリスト教宣教師によって禁止されていたフラを復活させたカラカウア王を称え、愛称であるメリー・モナーク(陽気な王様)を冠したフラの祭典。毎年、イースター・サンデーから1週間行われる。(※イースター・サンデー:春分後の最初の満月から数えて最初の日曜日)

フラの競技会は、日本時間4月21日から23日にかけて行われます。フラには大きく分けて二つのスタイルがあります。一つは古来からの伝統的な様式を引き継いでいる「Kahiko(カヒコ)」。これは神への奉納儀式のひとつで、イプやパフと呼ばれる打楽器を叩きながらチャント(祝詞)を謡い、それに合わせて力強く厳粛な踊りが披露されます。
もう一つは西洋文化の流入に伴い誕生した現代的なフラ「Auana(アウアナ)」。これはギターやウクレレなどの楽器とハワイアン・ソングのメロディーに合わせて、美しく優雅に踊るスタイル。多くの日本人がイメージするフラはアウアナにあたります。

競技会は、「Miss Aloha Hula(ミス・アロハ・フラ)」、「Wahine(ワヒネ=女性)」、「Kane(カネ=男性)」と3つの部門に分かれています。ミス・アロハ・フラは、18歳から25歳までの女性ソロの競技会。競技会初日に行われ、カヒコとアウアナの2部門にわたって競います。その日のうちにミス・アロハの発表が行われます。ワヒネとカネはグループ競技で、競技会二日目にカヒコ、三日目にアウアナを踊り、三日目の最後に順位が発表されます。

フラ競技会はハワイのテレビ局である「KITV」のウェブサイトにて生中継されます。今までフラを見た事のない方でも楽しめると思います。特にカヒコはフラのイメージが覆されることでしょう。
KITV "Merrie Monarch Festival"

放送スケジュールは以下の通り。(日本時間)
4月21日(金)13時~18時 : ミス・アロハ・フラ
4月22日(土)13時~18時 : フラ・カヒコ
4月23日(日)13時~18時 : フラ・アウアナ

参考にさせていただいたサイト
ハワイ州観光局
ビッグアイランド(ハワイ島)観光局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/22

大・大阪博覧会

今日から10月4日(火)まで渋谷で『大・大阪博覧会』開催中。門外不出だったビリケンさんも上京しているそうです。
BILLIKENって英和辞典に載ってるんだね。大阪では常識?

東急百貨店東横店の西館8階催物場で開かれている『なにわ うまいもん市』に行ってみました。エレベーターを降りたら、すごい混雑ぶり。北海道展や九州物産展の比じゃない。多くの店に長い行列が出来てるし。行列の長さと味の良さは果たして比例するだろうか?一通り見てまわったが、並ぶのも面倒だし、何も買わずに退散しました。

東急本店では「公開講座 大大阪学」と称し、様々なゲストを招いてのトークショーが行われるとのこと。『大・大阪博覧会』のパンフレットに写真入りで紹介されているのが、"掛布雅之氏"と"三倉茉奈氏&佳奈氏"。マナカナは「氏」じゃ変でしょ。パンフレットを作成した後で気づいたのか、HPの記事では「野球解説者の掛布雅之氏」、「マナ・カナこと三倉茉奈・佳奈」となっていました。掛布が「氏」なら、せめて「さん」くらい付けて欲しかったな。

ところで、ホッピーの柑橘系ジュース割りを作って飲んでみました。HPで紹介されるだけあって、悪くないです。オレンジとグレープフルーツで試したのだが、グレープフルーツは結構美味しいかも。グレープフルーツには少し苦味があるでしょ。だからホッピーと合わせても違和感ないのかもしれません。
でもわざわざジュースで割る為にホッピー買う人もいないよな。ちなみに黒ホッピーはそのままでもイケると思いますよ。またホッピー飲みたくなったら、渋谷の河内屋で黒を買って家で飲むことにします。今度、居酒屋でも「ホッピーください。中抜きで」と注文してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/01

世界コスプレサミット

今日から8月に入ったので、真夏らしい話題を。

世界コスプレサミット2005』が8月7日(日)「愛・地球博」EXPOドームにて開催されるそうだ。

【実施概要】
世界7ヶ国(日本を含む)から選び抜かれたコスプレイヤーを招聘し、世界No.1コスプレイヤー(個人・グループ)及び最優秀国を決定する「世界コスプレチャンピオンシップ」などのイベントを開催します。

【予定参加国】
  ドイツ・フランス・イタリア・スペイン・アメリカ・中国
 日本(東日本、中部、西日本、ネット代表)
 各国個人1名、グループ1組  計 40名

コスプレ嫌いじゃないし、世界コスプレサミットを開催すること自体に文句を言うつもりはないが、なんで愛・地球博?

愛・地球博公式HPにはこんなことが書かれている。
「人間らしい交流の原点とは、何だろう。 それは人が人と出会い、語り合い、理解し合い、尊敬し合い、愛し合うことにあるのではないか。」

基本的には、
「"自然のもつすばらしい仕組みと、いのちの力"に感動し、世界各地での自然とのさまざまなつき合い方、知恵に学びながら、多彩な文化・文明の共存する地球社会を創ろうではないか。 」
というのがコンセプトであるが、上記の一文を入れることにより、何でもアリにしようじゃないかといったところかな。無理やりにでも毎日何かしらのイベントやらないと集客力に影響するのだろう。

もうこの際、世界オヤジサミット2005も愛・地球博でやっちまおう!
どなたか企画お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)