恋愛

2010/05/03

antipasto ( hors d'oeuvre )

ちょっと渡すものがあったので、久しぶりにアンティパストに会って来ました。3年半ぶりくらいかな。


子供も一緒に来ていて、二人とも元気みたいで安心しました。confident


たとえもう会うことや話すことがないとしても、オレと関わった女性には幸せになってもらいたいと切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/24

[男性必読!]離婚防止の科学

2009年1月14日から22日まで三回に渡って放送された『NHKスペシャル シリーズ女と男「最新科学が読み解く性」』。
非常に興味深い内容でした。男性と女性の違い、恋愛のメカニズムなどを科学的に解明するというもの。




第一回は「惹かれあう二人、すれ違う二人」。

男と女が恋に落ちて、愛し合い、子供を産む。そして夫婦で力を合わせて子育てする。この当たり前のような行為の発端は人類の進化の過程にありました。


人類の祖先が二足歩行を始めるようになると、骨盤が変形し女性の産道が狭くなりました。その結果、子供を未熟児のうちに出産しなければならなくなったのです。

女性は子供に付きっ切りで世話をして、男性は食料を調達に行きます。こうして人類は夫婦が協力し合って子育てをするようになりました。


恋をしている男性と女性では、活発に働かせている脳の部分が異なります。男性は主に視覚をつかさどる部分を使い、女性を記憶をつかさどる部分を使っています。

進化の過程を経て、男性はその女性が健康な赤ちゃんを産むことができるかどうかを視覚で判断するようになりました。
一方、女性はその男性が子育てに協力してくれるかどうか信頼しうるかどうかを、たとえばちゃんと約束を守ったかどうかなど過去の経験で判断するようになりました。


こうしてお互い協力し合って子育てをするために恋愛というシステムが作られた訳ですが、恋愛感情は3年程度しか維持できないというデータがあります。これは子供が3~4歳になると夫婦が付きっ切りで面倒を見なくてもよくなるからだと言われています。




しかし、いまの男女関係は子育てのためだけにある訳ではありません。そこで、男女関係はどうすれば長続きするのかという科学的な探求が進められています。

ワシントン州立大学のジョン・ゴッドマン博士は35年に渡って、夫婦がすれ違う原因を科学的に研究してきました。
3,000組の夫婦を分析した結果、すれ違いの最大の理由は会話のパターンにあることを突き止めました。15分の会話を分析するだけで、その夫婦が4年以内に離婚するか85%の確率で予測できるそうです。


実験では一組の夫婦が日頃感じている不満について話し合います。それぞれの心拍数を計りながら、話し合いの模様をカメラで撮影します。今回の被験者であるジェフとケリーの二人は「クレジットカードの支払い(使い方)」について話し始めました。

女性は理性的に落ち着いて話ができるのに対し、男性は一旦感情的になるとそれを抑えられず、一方的に話をやめてしまうケースが多いようです。オレもまさしくこのパターンです。




男女関係の障害となる原因は二つあります。
一つは、男性は相手の表情から感情を読み取るのが不得手ということです。このため、男性は女性の気持ちを読み違えて、見当ハズレな行動をしてしまう傾向にあります。

ペンシルバニア大学が行っている研究では、表情から感情を読み取る行為は女性の方が得意だということが実証されています。
さらにMRIで測定した結果、女性に比べて男性の方が脳の活動が活発だったこともわかりました。つまり、男性は頭を必死に使って考えているのに外れてしまう、ということになります。

このページから、ペンシルバニア大学の脳研究所が行っているテストに参加することができます。テストと言っても正解は示されません。
一つ目は「表情を読むテスト」。「怒り」や「悲しみ」などの感情を示した顔写真をコンピュータ画面に表示し、その表情から感情を正しく読みとらせるという実験です。二つ目は「空間認識テスト」。赤と青二つの棒を並行になるように操作する実験です。




男女関係の障害となるもう一つの原因は、会話に対する男と女の違いにあります。
人類の進化の過程で、女性は部族の他の女性と積極的に会話し、コミュニケーションを取ってきました。仲間の絆を深めるためには、相手の感情を知ったり、自分の感情を相手に伝えることが必要でした。
一方、男性は狩りを成功させるべく、問題解決に導くための必要最低限の会話しかしませんでした。






ゴッドマン博士は、男女のコミュニケーションを円滑に行うには、男性が上手に会話を続けることが肝要だと言っています。
ワシントン州立大学では離婚防止のカウンセリングプログラムを全米各地で行っています。多くのカップルが参加し、講義の後、コミュニケーションの訓練をします。

女性に受け入れられる最大の秘訣は「質問すること」。
男性は自分の意見を主張するか、相手の話を分析して批評しがちですが、どんなことが起きて、どう感じたのかをじっくり聞いてあげることが大切です。

訓練の最後に、お互いに必ず聞いておかなければならない最も大事な質問があるそうです。
答えは教えませんので、それがなにかは考えてみてください。




結局、いつまでも仲むつまじい二人でいるためには、まず男性が努力しなければならないことを改めて認識しました。
同じ過ちを繰り返さないためにも頑張ります!good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/19

幸せな人生を送れるよう祈っています

おめでとう!
ささやかながら一人で祝杯をあげたいと思います。

続きを読む "幸せな人生を送れるよう祈っています"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/14

Xデー

あやうく忘れるところだった。今日5月14日はX(エックス)デーじゃないか!4/14の記事でオレが制定したXデー。

バレンタインデーでプレゼントをもらいホワイトデーでお返しをもらい、オレンジデーを待たずして愛を確かめ合った二人がキャラメルコーンXを一緒に食べる日。

この日を待ち望んでいたカップルも多いと思う。今日は思う存分食べちゃってください。どこで売ってるかは分からんが.....。

ところで、こんなのとかこんなのを見つけたよ。エックス君がいないのが残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)