2016年11月29日 (火)

レミケードとインフルエンザワクチンについて

「レミケード インフルエンザ」で検索して訪れる方がいるので、レミケードの投与を受けている人が
インフルエンザワクチンを接種するタイミングについて書くことにしました。


ご自分の担当医にちゃんと聞いた方が良いと思いますが、私の担当医は「レミケード投与を受けた日
から2週間は開けた方がいい」と言っていました。


周知のこととは思いますが、レミケードは免疫力を低下させるので感染症には十分に注意すべきです。
インフルエンザワクチンも毎年必ず接種するようにしましょう。

2016年11月 1日 (火)

フィギュアスケート三原舞依選手が罹患した「若年性特発性関節炎」

2016年ISUフィギュアスケートグランプリ第1戦アメリカ大会(スケートアメリカ)、
シニアGPシリーズデビュー戦で3位になった三原舞依選手17歳。


昨年12月、激しい膝の痛みや関節のこわばりにより、スケートだけでなく日常生活にも支障を
きたし、詳しく検査したところ「若年性特発性関節炎」と診断されました。


この病気は、以前は若年性関節リウマチなどと呼ばれていました。リウマチ性疾患ではあるが、
(成人の)関節リウマチとは異なる病気として扱われるため、現在では「若年性特発性関節炎」
という名称が定着しています。ちなみに「特発性(とくはつせい)」とは「原因不明の」という意味の
医学用語。


若年性特発性関節炎(juvenile idiopathic arthritis: JIA)は、国際リウマチ学会において、
「16歳の誕生日以前に発症し、少なくとも6週間持続する原因不明の関節炎。他の疾患は
除外する。」と定義されています。


この病気に関するサイトでは、「16歳以下」という記述も見られますが、定義上は「16歳未満」です。


三原舞依選手が若年性特発性関節炎と診断されたのは昨年の12月。誕生日は1999年8月22日で、
12月時点での年齢は16歳4か月。おそらく、この疾患に起因する関節の痛みを最初に感じたのが
誕生日以前であったので、16歳未満という定義に当てはまったのではないでしょうか。


日本における有病率・患者数はネット上にいくつかの異なるデータが見受けられますが、有病率は
16歳未満の人口10万人に対し10人程度、患者数は1万人以上であるようです。


若年性特発性関節炎は以下の七つのタイプに分類されます。
①全身型
②少関節炎
③リウマトイド因子陰性多関節炎
④リウマトイド因子陽性多関節炎(成人の関節リウマチに近い)
⑤乾癬性関節炎
⑥付着部炎関連関節炎
⑦未分類関節炎


発症年齢・症状および経過から考えて、三原舞依選手が罹患したのは、②もしくは③ではないか
と推測されます。④の場合、膝に負担の大きいフィギュアスケートを本格的に行うことは、おそらく
医師が許可しないでしょう。


上記分類によって治療方法は異なりますが、三原舞依選手は現在も月に一回の点滴投与を受けて
いるとのこと。この薬はアクテムラ(生物学的製剤)だと思われます。2005年以降、治療に効果的な
生物学的製剤が開発・承認されています。

若年性特発性関節炎に有効な生物学的製剤は以下の三つで、これらは関節リウマチの治療にも
用いられます。
・エタネルセプト(商品名 : エンブレル)
・アダリムマブ(商品名 : ヒュミラ)
・トシリズマブ(商品名 : アクテムラ)

エンブレルとヒミュラは皮下注射のみで、アクテムラは点滴でも皮下注射でも投与可能です。
ちなみにアクテムラは日本で開発された唯一の国産生物学的製剤です。


若年性特発性関節炎は、成人の関節リウマチとは異なり、寛解・休薬だけではなく完治も期待
できる疾患です。ただ、予後についての詳しい記述は見当たらないので、どの程度の期間(年数)
治療を続けなければならないのか定かではありません。

三原舞依選手の現在の状態を見る限り、点滴投与を続けていれば症状が悪化することはないと
思われます。フィギュアスケートがどの程度病状に影響するかわかりませんし、確固たる根拠も
ありませんが、早ければ3~5年程度で寛解・休薬に至るのではないかという気がします。

2016年10月22日 (土)

K大学病院通院23回目

一年間も更新をサボっておりました.....(;´・ω・)


先日、20回目のレミケード投与を受けて来ました。

血液検査の値は正常値です。
今回点滴投与を担当した看護師さんは、針の入れ方が上手でした。


以前も書きましたが、来院するたびに点滴を受けに来る患者さんが増えています。
診察が終わってから点滴を受けるまでの待ち時間が長くて疲れます。


評判が良くて新たな患者さんが増えているのでしょうか。

2015年10月22日 (木)

K大学病院通院17回目

先日、14 回目のレミケード投与を受けて来ました。


連休明けということもあり、患者が多く、かなり待たされた。
まぁ仕方ないか。


血液検査の値は正常値で、毎度のことながら特筆すべきことはありません。

2015年8月18日 (火)

K大学病院通院16回目

先日、13 回目のレミケード投与を受けて来ました。


血液検査の値は正常値で、特筆すべきことはありません。


関節リウマチに罹患したこと自体は不運だと思うけど、レミケードが開発・認可されてから罹患して、
本当に良かった。

2015年7月17日 (金)

K大学病院通院15回目

先日、12 回目のレミケード投与を受けて来ました。


通常8週おきに投与を受けるのですが、今回は前回の11週後でした。10週経過した頃からヒザが
錆び付いたようにきしむ感じがして、ときおり痛むので、久しぶりに湿布を使いました。


血液検査の結果も、関節リウマチの指標となるマトリックスメタロプロテアーゼ-3(MMP-3)の値が、
いつもは下限より少し低いくらいなのですが、今回は下限値を約20上回っていました。と言っても、
正常値の範囲の下の方ですが。

医師によると、この値が10上がるだけで患者は身体に異常を感じるようになるとのこと。


関節リウマチはまだ治っておらず、薬で抑え込まれているのだということをあらためて実感しました。

2015年4月27日 (月)

K大学病院通院14回目

11 回目のレミケード投与を受けて来ました。


血液検査の値は相変わらず正常値で、特筆すべきことはありません。


点滴の針を刺す箇所に関して、今までずっと手首の上側の骨の上を通っている血管に刺していたのですが、
下手な看護師さんだと針がうまく血管に入らずにめちゃめちゃ痛い思いをすることが今回はっきりしました。

肘の裏側の少し手前に、下手な看護師さんでもうまく刺せるところがあり、今回はそこを使ったので、
次回からもその位置を指定します。


<追伸>
暖かくなって来てからは、関節リウマチの症状はほとんど見られないので、ブログに書くことがないのが悩み。

2015年2月27日 (金)

なんか.....疲れた

以前であれば本家のブログに書いたのだろうけど、最近そういう雰囲気でなくなってしまった。


なので、こちらで弱音を吐きます。


関節リウマチは直接関係ないけど、なんかいろいろ疲れてしまった。


世の中の90%はモラルに欠けた人間と偉そうな人間で出来ている。


デスノートが欲しい。
デスまでいかなくとも、ディズィーズノートでもいいです。

2015年2月18日 (水)

K大学病院通院13回目

10回目のレミケード投与を受けて来ました。


血液検査の値は相変わらず正常値で、特筆すべきことはありません。
今後もブログの更新頻度が少ないままになりそうだ。


最近、眠りが浅くて、その日も朝早く家を出たので、めっちゃ眠く、レミケードの点滴投与中に
居眠りをして自分のイビキで目が覚めるという失態を5回くらい繰り返してしまいました。
同じ時間帯にあの場に居た方、うるさくて申し訳ありません。

2015年2月 6日 (金)

東京医科歯科大開発中の関節リウマチ新薬

2015年2月5日zakzakのニュースで以下のような記事を見つけました。
発想の転換が生んだ関節リウマチの新薬 東京医科歯科大学医学部附属病院


これまで、関節リウマチの治療薬は、メトトレキサートにしろレミケード等の生物学的製剤にしろ、
免疫機能にフォーカスしたものでした。
しかしながら、生物学的製剤が効かない患者もいるらしく、東京医科歯科大学医学部附属病院
膠原病・リウマチ内科において、滑膜細胞の増殖抑制に着目した画期的な新薬の開発が行われ
ているそうです。


同科の上阪等教授のコメント
「生物学的製剤を含む現在の抗リウマチ薬は、いずれも免疫機能にアプローチするという意味で、
作用機序は同じといえます。効果のない患者さんに、別の薬を試しても、作用機序が同じゆえに
劇的な効果は得られにくいのです。そこで、作用機序の全く異なる薬の開発を目指しています。」


研究の結果、サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6を阻害すれば、関節を破壊する滑膜の増殖を
抑えられることをつきとめた。


米国で抗がん剤として承認申請されている選択的サイクリン依存性キナーゼ4/6阻害剤と生物学的
製剤を組み合わせたところ、リウマチ症状をほぼ完全に封じ込めることに成功した。


ニュース記事では「この研究成果を2014年11月に発表し、世界をあっといわせている。」と書かれて
いるが、本当に世界をあっといわせたかどうか定かでない。


この治療方法が確立し、これまでの治療方法では進行を抑えられない患者を救えることができれば、
素晴らしいと思うが、治療費がかなりの高額なのであれば、高額療養費払い戻しを使っても患者の
負担は大きい。

«K大学病院通院12回目