« フィギュアスケート三原舞依選手が罹患した「若年性特発性関節炎」 | トップページ | 口の中の違和感→シェーグレン症候群の疑い »

2016年11月29日 (火)

レミケードとインフルエンザワクチンについて

「レミケード インフルエンザ」で検索して訪れる方がいるので、レミケードの投与を受けている人が
インフルエンザワクチンを接種するタイミングについて書くことにしました。


ご自分の担当医にちゃんと聞いた方が良いと思いますが、私の担当医は「レミケード投与を受けた日
から2週間は開けた方がいい」と言っていました。


周知のこととは思いますが、レミケードは免疫力を低下させるので感染症には十分に注意すべきです。
インフルエンザワクチンも毎年必ず接種するようにしましょう。

« フィギュアスケート三原舞依選手が罹患した「若年性特発性関節炎」 | トップページ | 口の中の違和感→シェーグレン症候群の疑い »

薬・湿布」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フィギュアスケート三原舞依選手が罹患した「若年性特発性関節炎」 | トップページ | 口の中の違和感→シェーグレン症候群の疑い »