« 口の中の違和感→シェーグレン症候群の疑い | トップページ

2017年12月30日 (土)

唾液腺シンチグラフィー

厚生労働省の診断基準では、以下のいずれか2項目が陽性であればシェーグレン症候群と診断されます。
(難病情報センターHPより)

①口唇小唾液腺の生検組織でリンパ球浸潤がある
②唾液分泌量の低下がガムテスト、サクソンテスト、唾液腺造影、シンチグラフィーなどで証明される
③涙の分泌低下がシャーマーテスト、ローズベンガル試験、蛍光色素試験などで証明される
④抗SS‐A抗体か抗SS‐B抗体が陽性である


私の場合、①、②、④の3項目について検査することになりました。

まず、④は血液検査で、採血を受けました。


次に②の唾液分泌量を調べるため、唾液腺シンチグラフィーという検査を受けました。
99mTcO4-(過テクネチウム酸)という薬を静脈注射し、ガンマカメラで耳下腺、顎下腺の機能を調べます。

検査に用いる装置はCTスキャンの機器に似た形をしています。
↓こんなのです。

Gammacamera_01

検査時には四角いボックスが顔面の真上5cmくらいまで降りて来ます。MRIほどの閉塞感はないものの、
顔面全てが覆われるのでかなり圧迫感があります。15分間その状態で撮影され、レモン汁を口腔内に
滴下した後、さらに10分間撮影されて終了です。


ドライマウスで寝不足のため、検査中はほとんど眠っていました。

« 口の中の違和感→シェーグレン症候群の疑い | トップページ

シェーグレン症候群」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 口の中の違和感→シェーグレン症候群の疑い | トップページ